この記事では、これから就活を始めようとする方向けに、リクルートスーツの基本やマナー、選び方のポイントを紹介します。

就活の際に必要なスーツは、各ブランドから「リクルートスーツ」としてさまざまな製品が販売されています。

この記事を読むことで、ご自身に最適なリクルートスーツ選びの検討が出来ます。

リクルートスーツとはそもそも何か?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめリクルートスーツ

「リクルートスーツ」とは、学生が就活用に着るスーツのことを言います。

リクルートスーツに厳密な定義はありませんが、量販店が就活生や新入社員向けに販売する安価なスーツのことをさすことが一般的です。

リクルートスーツの柄は無地で、色も黒や紺なものが多く、学生らしい「爽やかさ」や「清潔感」など、面接官へ良い印象を与えるスーツであることが特徴です。

価格を抑えるために、通常のビジネススーツよりも耐久性の低い生地で作られていることが多いですが、リーズナブルさと場所を選ばないシンプルなデザインで、多くの就活生や新入社員に愛用されています。

関連記事
スーツに適したビジネスリュックの特徴や選び方 注意点
ビジネスコートとは? コートの種類やマナー 選び方のコツを解説
体形・洋服ごとにオススメの腕時計の厚さとモデル スーツに合う厚さ
さまざまなワイシャツの種類の解説 選び方やおすすめ品の紹介
通勤や仕事に最適!ビジネスリュックの選び方とおすすめ商品の解説!
履き心地抜群!ビジネスシーンに最適なテクシーリュクスの特徴や機能 おすすめ商品を紹介

リクルートスーツを購入するときのポイント

就活の前年には用意する

就職活動にかかせないリクルートスーツは、早めに購入して準備しておくと安心です。

企業の合同説明会やOB訪問、インターンシップなど、就職活動を始めるとリクルートスーツの出番が多く出てきます。

いざ必要となったときに慌てないためにも、就活開始の前年である大学3年生の春を目安に購入を検討するのがいいでしょう。

また、就活生はスーツに慣れていないことが多く、最初はネクタイの結び方やワイシャツのボタン留めなど、着こなしに時間がかかってしまいがちです。

事前にしっかりと準備をし、お気に入りのリクルートスーツで就活への気を引き締めるためにも、余裕を持った購入の検討をおすすめします。

2着以上購入する

リクルートスーツは、可能であれば就活中でも2着以上用意しておくと安心です。

学生のうちは毎日着るものではありませんが、クリーニングに出すことを忘れてシワや汚れが目立つスーツを面接時に着ていると、それだけで面接官への印象が悪くなってしまいます。

リクルートスーツは耐久性の低い生地が使われていることが多いため、転んだ拍子に、膝の部分やパンツの股下が破けてしまうといったこともよくあるトラブルです。

クリーニングに出している期間や、急なトラブルに備えるためにも、2着以上持っておくのが理想と言えるでしょう。

また、リクルートスーツに限った話ではありませんが、スーツを長く着るためには「1日着たら1日以上休ませる」のが基本とされています。

これは、着ている間に蓄積された汗などの水分が休ませている間に蒸発するため、型崩れやシワの定着がしにくくなるためです。

お気に入りのリクルートスーツを長く使うためにも、最初に2着以上用意しておき、ローテーションさせるのが賢い着回しです。

リクルートスーツのマナー

就職活動において、第一印象は非常に大事なものです。

短時間の面接の中でできるだけ好印象を与えるために、以下では正しいリクルートスーツのマナーを解説します。

メンズは2ボタンで無地の柄がマナー

基本となるリクルートスーツは、柄は無地で、2ボタンで黒色のスーツです。より爽やかな印象を与えたい場合はネイビーのスーツも良いとされています。

ジャケットのボタンは上だけ留めるのがマナーです。

黒のスーツの場合は、礼服やフォーマルスーツのような深みや光沢のある黒ではなく、ビジネスシーンに相応しい黒を選びます。

一般的にリクルートスーツとして販売されているものであれば問題ありません。

上着のポケットのふた(フラップ)は、元々雨よけや埃よけとして付いているものであるため、屋外では外に出しておき、屋内に入ったときはポケットの中にしまうのがマナーとされています。

ワイシャツについては、ボタンに色がついているものや、柄物は面接の場面には適しません。必ず白のワイシャツを選ぶ必要があります。

レディースはボタンを全てしめるのがマナー

レディーススーツの定番は、黒で無地のジャケットとスカートの組み合わせですが、スタイリッシュで活発な印象を与えたい場合はパンツスーツも選択肢に入ります。

どちらの場合も、レディーススーツはジャケットのボタンを全てしめるのがマナーです。

スカートの丈は、立っている時に膝が少し隠れるくらいのものが良いとされていますが、座った時の長さも必ずチェックし、面接の場に相応しい長さにするとよいでしょう。

ブラウスについても柄物は避け、白で無地のものを選ぶのが無難です。

リクルートスーツの選び方

ジャストサイズのものを選ぶ

スーツ選びの際は、フィット感をよく確認し、ジャストサイズのものを選ぶ事が大切です。

サイズがあっていないと、だらしない印象を与えてしまうだけではなく、型崩れやシワの原因にもなってしまいます。

メンズスーツのスラックスの裾は、立ったときにシューズの甲に軽く触れるくらいが一般的で、ジャケットの袖の丈はワイシャツの袖が少し見えるくらいがスマートです。

レディーススーツの場合は、スカートの丈が長すぎると暗い印象を、短すぎると軽薄な印象を与えてしまいます。

サイズが少し違うだけで、相手に与える印象は大きく変わってくるため、最初は専門のスタッフがいるお店で、アドバイスを貰いながら試着するのがおすすめです。

シルエットを見て選ぶ

着用した際の全体のシルエットは必ず確認する必要があります。

ポケットの中身は空にし、裾の長さも実際に革靴をはいて確認します。

また、前面だけではなくバックシルエットもしっかりチェックすることが大切です。

機能性で選ぶ

長ければ1年以上にも渡る就職活動では、スーツの機能性にもこだわりたいところです。

移動が多い就活では、動きやすいストレッチ性の高いものがおすすめです。

ウォッシャブルスーツであれば洗濯機で洗う事ができるため、自宅で手軽に清潔さを保つことができます。

防シワ加工されていればスーツのお手入れの手間を減らせるため、あわただしい就職活動の助けになってくれるでしょう。

おすすめのブランド

洋服の青山は初めてスーツを買う人におすすめ

「洋服の青山」は、「青山商事」を母体とする業界最大手のブランドで、1998年にはスーツ販売数世界No.1としてギネスブックにも認定されていることが特徴です。

店舗数も他のブランドよりも圧倒的に多く、機能性の高いリクルートスーツから、ファッション性の高いフォーマルスーツまで、老若男女問わず幅広い世代向けのスーツを数多く販売しています。

就活生のために学割を実施しており、接客も評判が良いため、初めてのリクルートスーツを買う学生の方でも安心でしょう。

ザ・スーツカンパニーはコスパの高い品を探しやすい

「ザ・スーツカンパニー」は、洋服の青山と同じ青山商事が展開する若者向けの店舗です。

大きな道路沿いを中心に大規模に店を構える洋服の青山と違い、街中のビルの1Fや、ショッピングセンターにテナント風に出店しています。

20代や30代の若者をターゲットとした、トレンドを取り込んだスーツをリーズナブルな価格で取り扱っており、コスパの高さが人気です。

また、2016年2月には、ザ・スーツカンパニーのレディース専門店である「ホワイト・ザ・スーツ・カンパニー」を展開している注目のブラントです。

スーツセレクトは機能性の高い品が魅力

「スーツセレクト」は、紳士服のコナカで有名な「株式会社コナカ」が、クリエイティブディレクターに有名デザイナーの佐藤可士和氏を起用し、2007年にリニューアルさせたブランドです。

軽くて動きやすい機能性の高いリクルートスーツが、移動の多い就活生に人気となっています。

また、スマホ用のマルチポケットを搭載したスーツなど、時代にあわせた工夫を凝らした製品を開発していることも特徴です。

おすすめリクルートスーツ

現代では、前述したリクルートスーツのおすすめブランドの他にも、さまざまなブランドのリクルートスーツをオンラインショップで手軽に購入することができます。

以下では、通販最大手Amazonで購入することができる人気のリクルートスーツを、メンズ・レディースに分けてそれぞれ2点紹介します。

オンラインショップでスーツを購入する時の注意点として、事前にスーツ専門店で採寸と試着をし、自分の体型に合うサイズを必ず確認しておくことが大切です。

また、1万円以下で購入できる格安スーツは、しっかりとしたブランドスーツと比べると、品質の面で劣ってしまう事に注意が必要です。

あくまでもローコストで購入できるスーツと割り切った購入の検討をするとよいでしょう。

メンズ向けおすすめリクルートスーツ2選

MARUTOMI SC86は正統派で万能な品

マルトミのリクルートスーツ SC86は、1万円以下で買える無地の正統派スーツです。

パンツウォッシャブルで取り回しも良く、オールシーズン対応の万能スーツであるため、就活生はもちろん、新入社員の2着目や、普段スーツを着ない方の急な冠婚葬祭用にも人気のスーツとなっています。

WEEN CHARM スーツメンズはAmazonで人気が高い

WEEN CHARMが販売するこのスーツは、すっきりとした見た目が特徴のオールシーズン対応のスーツです。

無地で黒とデザインもシンプルであるため、リクルートスーツやビジネススーツとして幅広く使う事ができます。

価格も破格の7,000円ということもあり、2019年8月時点のAmazonのメンズスーツ部門1位の人気スーツとなっています。

レディース向けおすすめリクルートスーツ2選

アッドルージュ j5032は使い勝手の良い品

アッドルージュのj5032は、就活の面接用のリクルートスーツとしてはもちろん、毎日のオフィススタイルとしても活躍するレディーススーツです。

洗濯ができるウッッシャブル機能や、ニオイを抑えるデオドランド機能を搭載しているので、幅広い世代で使い勝手の良い人気のスーツとなっています。

激情女郎 JIQINGNVLANGはエレガントなデザインが魅力

激情女郎 セットスーツは、エレガントなデザインが特徴的なスーツです。

タイトな見た目の割にストレッチ性がよいため、着心地も良い事が魅力です。価格も安いため、はじめてのリクルートスーツにもおすすめです。

リクルートスーツのおさらい

  • 学生が就職活動をする際に着用するスーツを「リクルートスーツ」といいます。
  • リクルートスーツは、通常のビジネススーツと比べると、安価・耐久性が低い・無地・色は黒や紺がほとんど、といった特徴があり、主に就活生や新入社員に愛用されています。
  • リクルートスーツの購入は、就活が始まる前年には検討し、早めに準備しておくのがおすすめです。
  • リクルートスーツを着用する際には、ボタンの留め方、スカートやスラックスの丈の長さなど、着こなしのさまざまなマナーを押さえておくとよいでしょう。
  • リクルートスーツ選びの際には、ジャストサイズのものを選んでシルエットをしっかりチェックすることはもちろん、ウォッシャブル機能や防シワ加工など、機能面の確認も、長い期間に渡る就職活動では重要です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧