一人暮らしや、ちょっとしたオフィスなど、食材をあまり保存する必要がない場合におすすめなのが、小型冷蔵庫です。

ここではそんな一人暮らしのかたや、事務所などに最適な小型冷蔵庫の選び方や、おすすめ商品などを紹介します。

そもそも小型冷蔵庫の定義は?

小型冷蔵庫の選び方やおすすめ商品の紹介の前に、小型冷蔵庫と一般的な冷蔵庫の違いを見ていきます。

小型冷蔵庫の定義:大きさの違い

最もわかりやすい違いは大きさの違いにあります。

一般的な冷蔵庫である大型タイプは、キッチンに置くのが一般的ですが、小型冷蔵庫は寝室や居間などの設置に適しています。

例えば大型タイプの冷蔵庫の場合、家族で使うことを前提としているので、容量の大きいものが必要となり、日々の料理に直結する台所に設置するのが普通です。

ですが、小型冷蔵庫の場合は、寝室や居間などプライベート空間で使用するため、そこまでの容量は必要なく、1人もしくは2人分の飲食物が保存できるサイズで十分です。

小型冷蔵庫の定義:目安はドアの枚数とL

小型冷蔵庫の大きさの目安は「1ドア~2ドアの100L未満の冷蔵庫」が一般的な目安となりますが、使用目的や商品によってはさらに小型化された冷蔵庫もあります。

例えば、飲料だけを保存することを目的とした小型冷蔵庫であれば、「1ドアタイプの50Lサイズ」といった冷蔵保存専用の小型冷蔵庫から、「2ドアタイプの50Lサイズ」といった、冷蔵・冷凍対応の小型冷蔵庫も存在します。

小型冷蔵庫の選び方

ではここで、小型冷蔵庫の選び方を、項目別に解説していきます。

小型冷蔵庫の選び方:置き場所の確認

一般的な冷蔵庫や小型冷蔵庫に限らず、冷蔵庫を購入する際は、事前に冷蔵庫を置く場所を確認する必要があります。

冷蔵庫は仕組み的にコンプレッサーを稼働させて、冷蔵庫内部を冷やすため、冷蔵庫の背面から放熱します。

ですので、冷蔵庫を設置する際は、冷蔵庫から放熱される熱を逃がすため、冷蔵庫背面にスペースを設ける必要があります。

冷蔵庫を購入の際は、必ず冷蔵庫を置く場所をあらかじめ想定し、十分なスペースが確保できることを確認してから、その場所に適したサイズの商品を選びましょう。

小型冷蔵庫の選び方:大きさとドアの数

冷蔵庫の利用人数や、何を主に冷やすのかによって、選ぶ冷蔵庫は決まってきます。

小型冷蔵庫の場合は、主に「一人暮らしの方」「事務所などオフィスで使う」といった目的の方が購入されることが多く、リッター数や、ドア枚数で選ぶのが一般的となります。

事務所などオフィスで使う場合は、飲料などをメインに冷やすので、1ドアタイプの小型冷蔵庫がおすすめですが、一人暮らしの場合は食材なども保存する場合があるので、リッター数の少ない2ドアタイプの小型冷蔵庫などもおすすめです。

基本的に小型冷蔵庫は上記にもあった「1ドア~2ドアの100L未満の冷蔵庫」を目安にすればいいでしょう。

小型冷蔵庫の選び方:内ポケットなどの内部構造

小型冷蔵庫の内部構造も選ぶ上ではポイントになります。

ドアポケットの深さや大きさ、仕切りの枚数など、どのように日々冷蔵庫を使用するかを、自身で分析し、それに適した内部構造の小型冷蔵庫を選びましょう。

リッター数が例え少なくても、構造によっては幅広く活用できるので、購入の際は内部構造を必ず確認しましょう。

小型冷蔵庫の選び方:消費電力

近年冷蔵庫は省エネタイプが多く開発され、コスパ的にも非常に優れた冷蔵庫が多く販売されていて、それは小型冷蔵庫でも同じ傾向にあります。

一般的な冷蔵庫と同様に、小型冷蔵庫も消費電力が少なければ少ないほど、月々の電気料金は安く済むので、利用頻度や保存量などバランスのとれた消費電力の小型冷蔵庫を選びましょう。

小型冷蔵庫の選び方:便利な機能をチェック

小型冷蔵庫には物を冷やすだけの簡易的な冷蔵庫から、霜鳥や静穏機能といった実用的で本格的なものまでさまざまあります。

これら機能性に優れた小型冷蔵庫は近年多く発売されていて、これら機能性も選ぶポイントになってきます。

以下は小型冷蔵庫を機能で選ぶ際のチェック項目になります。

  • 霜とり機能の有無
  • 静穏タイプ
  • 天板レンジ(耐熱トップテーブル)対応・非対応

冷蔵庫は基本的に冷気を冷蔵庫内で充満させ食材や飲料を冷蔵保存するため、当然ながら冷蔵庫の室内には大量の霜が発生します。

この霜を放置してしまうと、冷蔵庫の室内は水浸しになってしまい、食材や飲料が濡れてしまうのはもちろん、冷蔵庫が水で故障してしまう可能性もあります。

冷蔵庫内で発生した霜は、手で取ることは可能ですが、そのなると手間や時間を必要としてしまうため、「霜とり機能の有無」は冷蔵庫選ぶうえで、大きなポイントとなります。

その他にも煩わしいコンプレッサーの可動音を抑えてくれる「静穏機能」や、レンジやその他のキッチン用品の収納に便利な「天板レンジ対応(耐熱トップテーブル)」など、これら機能性は小型冷蔵庫を選ぶ際のチェック項目として、抑えておきたいポイントです。

関連記事
野菜室の温度って何度?各メーカーの野菜室の特徴を合わせて解説
冷蔵庫購入の際の注意点と実はよく知られていない設置場所の注意点
小型冷蔵庫ってなに?選び方と冷蔵庫のタイプ おすすめ商品を解説
冷蔵庫の右開きのタイプの特徴とメリット おすすめの品を解説
冷蔵庫の適正温度と保ち方は?正しい使用方法と注意点を解説
冷蔵庫で400lの容量のものを選ぶ際のコツとメーカーごとの特徴
冷蔵庫は省エネで選ぶ?冷蔵庫を選ぶ様々な基準とそれぞれの特徴
定格内容積ってなに?日本製と海外製冷蔵庫の容量や機能などの違い
冷蔵庫の配置の際に必要な隙間と必要とされる理由 注意点を解説
冷凍庫の大きい冷蔵庫でおすすめのメーカーはどこ?特徴のご紹介
冷蔵庫のガラスドアの魅力とデメリット ガラスドアでおすすめの製品

おすすめ小型冷蔵庫をタイプ別に紹介

ではここで、おすすめしたい小型冷蔵庫を1ドアタイプ、2ドアタイプの順に、タイプ別で紹介していきます。

1ドアの小型冷蔵庫のおすすめ

エスキュービズム 1ドア冷蔵庫 WR-1046W

  • メーカー S-cubism(エスキュービズム)
  • サイズ 470×496×447mm
  • 耐熱トップテーブル 有
  • 容量 46L

静穏性に優れた小型冷蔵庫で、シンプルなキューブ型、木目調のデザインは寝室や居間のインテリアにも合わせやすいです。

ドアポケット2段、冷蔵庫室内も2段式になっているので、飲料の保存はもちろん、お野菜や調味料など、さまざまなものを保存することができます。

シャープ 75L 1ドア冷蔵庫(直冷式)

  • メーカー シャープ
  • サイズ 436×840×475mm
  • 耐熱トップテーブル 有
  • 容量 75L

シャープが販売する直冷式の1ドアタイプの冷蔵庫で、容量75Lは1ドアタイプの冷蔵庫の中でも大きく、一人暮らしの方や、事務所などのオフィスでの使用などに最適です。

耐熱トップテーブルもあるので、レンジなどの収納もできるので、使い勝手の良い小型冷蔵庫です。

2ドアの小型冷蔵庫のおすすめ

シャープ(SHARP) 直冷式冷蔵庫 SJ-HA12D-S

  • メーカー シャープ
  • サイズ 525×1160×480mm
  • 耐熱トップテーブル 有
  • 容量 118L

90Lの冷蔵室と28Lの冷凍室を搭載した少し大きいサイズの小型冷蔵庫です。

冷蔵室にはガラストレイが3枚付属され、高さ調整を行うことで、自由に冷蔵庫内で収納することができます。

また、耐熱トップテーブルが採用されているので、電子レンジやオーブンなどを冷蔵庫の上に置けるので、収納にも困りません。

ユーイング(U-ING) UR-FG110J

  • メーカー シャープ
  • サイズ 525×1160×480mm
  • 耐熱トップテーブル 有
  • 容量 110L

70Lの冷蔵室と40Lの冷凍室を搭載した小型冷蔵庫で、部屋のインテリに馴染みやすい独特なカラーリングが特徴的です。

霜とり不要の冷却ファンに、LED庫内灯など、機能性も高く、冷凍室の容量が他の冷蔵庫と比べ大きめなので、食品をたくさん冷凍保存することができます。

耐久性や保存容量の大きさから、初めて一人暮らしされる方や、若い新婚さんにもおすすめの小型冷蔵庫です。

おすすめ小型冷蔵庫まとめ

  • 小型冷蔵庫は、一人暮らしの方や、事務所などのオフィスに最適な冷蔵庫で、飲料だけを冷やすものから、生鮮食品の保存から冷蔵保存までできる、本格的な物までさまざまあります。
  • 選ぶポイントとしては、使用目的をしっかりと設定することで、目的に合わせて「サイズ」「機能」「内部構造」など、バランスの良い冷蔵庫を選ぶことがポイントになり、例えば、「一人暮らしで食材をあまりキープしない」といった場合は、ドアポケットが充実した1ドアタイプの小型冷蔵庫を選ぶなど、使用目的をしっかりと把握することがポイントになります。
  • 小型冷蔵庫を取り扱う主なメーカーは、「エスキュービズム」「シャープ」「ユーイング」で、上記の選ぶポイントと合わせて、これら主なメーカーの小型冷蔵庫を選ぶのも、ポイントの一つになります。
  • 小型冷蔵庫を購入の際は、自身の使用目的をしっかりと把握し、それに適した選び方をしましょう。