ソーラー充電器は、太陽光があればどこでもスマホやタブレットを充電できるので一台持っておくと便利です。

アウトドアや災害時などに大活躍するソーラー充電器は、現在では様々な製品が発売されています。

どんどん需要が高くなっているので、各メーカーでコンパクトなソーラー充電器や大型のソーラー充電器まで取り揃えられており、バリエーションが豊富です。

そのため、選び方のポイントを知らない人からしたらどの製品を選べば良いか分からない…と言うことも少なくありません。

自分がどのソーラー充電器が合っているかを判断するには、まず選び方のポイントをしっかり知っておくことが必要です。

そこで今回は、ソーラー充電器について詳しく解説します。ソーラー充電器を購入する際に、是非参考にしてください。

そもそもソーラー充電器とはなにか?

ソーラー充電器ってそもそも何?と言う人に向けて、ソーラー充電器について説明します。

ソーラー充電器とは、太陽光で発電した電気でスマホやタブレットなど様々なモバイル機器を充電することが可能な機器です。

太陽光さえあればどこでも充電できるので、災害などに備えてソーラー充電器を常備する人も増えています。

また、省エネに貢献できるアイテムだと言われており今後ますます注目されると考えられます。

現在、ソーラー充電器は多種多様な製品があるため、選び方のポイントさえ知っていれば自分に合ったソーラー充電器も比較的見つけやすいです。

スマホの充電器で便利なソーラーチャージタイプの魅力とおすすめ品
スマホ用充電器が発火する事故ってなに?対処方法とおすすめの充電器
スマホの充電器を綺麗に収納する利点と収納方法の種類 おすすめの品
スマホの充電器に接触不良が起きた場合の原因と対処方法を解説
スマホの充電器で便利なソーラーチャージタイプの魅力とおすすめ品
スマホ用充電器でコンセントに差し込めるモバイルバッテリーの選び方
スマホの充電器で100均で購入できる製品の種類と注意点の解説
スマホの充電器がすぐ壊れる原因と充電できない場合の対処方法の解説
スマホの充電器でアンペア規格はどうなっている?おすすめの充電器は?
飛行機に持ち込めるスマホの充電器とオススメの充電器
スマホのモバイルバッテリー充電器の選び方 種類と特徴を解説
急速充電ってどんなデメリットがある?急速充電の解説

ソーラー充電器の選び方

ソーラー充電器を選ぶ際は、必ず「タイプ」「変換効率」「アンペア数」「USBポート数」「機能」を要チェックです。

使いやすい製品を見つけるために、購入する前にこの5つのポイントはしっかり確認しましょう。

下記に、各ポイントについて具体的に説明します。

ソーラー充電器の選び方①:タイプ

ソーラー充電器には、「折りたたみタイプ」と「小型タイプ」があります。

この2つのタイプにはそれぞれ特徴があり、自分の用途を考慮して判断することが必要です。

ソーラー充電器の選び方②:折りたたみタイプ

折りたたみタイプの最大の特徴は、ソーラーパネルが広範囲なので太陽光を効率よく集められやすい点です。

発電能力が高いタイプとなっており、製品によっては急速充電に対応しているソーラー充電器もあります。しかし、蓄電能力は持っていないことが多いです。

基本的に発電した後にスマホ・タブレットに直接充電するか、一度モバイルバッテリーに電気を蓄えた後に使用するタイプとなっています。

また、使用時に広げて使うことがほとんどで全体的に大きめサイズなことが多いです。折りたたんでも大きいため、持ち運びには不向きな一面もあります。

ソーラー充電器の選び方③:小型タイプ

小型タイプは、モバイルバッテリーにソーラーパネルが付いています。

このタイプは、通常のモバイルバッテリーと同じように使用できる・緊急時に太陽光を蓄電できることが、最大の特徴です。

ただし、各メーカーはソーラーについての数値を表示することが少なく性能が未知数だとも言われています。

また、フル充電に時間を要すると言う点も小型タイプのデメリットと言えるでしょう。小さめなので、持ち運び自体はしやすいです。

折りたたみタイプと小型タイプは、それぞれにメリット・デメリットがあるため自分に適しているタイプをしっかり吟味しましょう。

ソーラー充電器の選び方④:変換効率

変換効率とは、太陽光が電力に変換される割合のことです。変換効率数を確認することで、どれくらい充電できるかを知ることができます。

一般的にソーラーパネルが大きいほうがたくさん発電すると言われていますが、性能を知りたいなら変換効率数を見たほうが確実です。

変換効率数は、30%が限界となっています。ですから、変換効率数が30%に近いほど性能が良いでしょう。

基本的に折りたたみタイプのソーラー充電器の変換効率数は、20~25%くらいが多いです。この数値を目安にすれば、さらに性能が良いものを選びやすくなります。

ソーラー充電器の選び方⑤:アンペア数

アンペアとは、出力電流の強さを示しています。

したがってアンペア数が大きいほど、充電時間が早いと考えられます。特にタブレットを充電したい場合は、2A以上のソーラー充電器がおすすめです。

また、2A以上のソーラー充電器であれば、スマホの急速充電も可能となっています。

ソーラー充電器の選び方⑥:USBポート数

2台以上のモバイル機器を同時に充電したい場合は、USBポート数が2つ以上あるソーラー充電器を購入しましょう。しかし、USBポート数だけを重視して選んでも意味はありません。

何故なら、発電能力が低いソーラー充電器の場合、使いものにならないことも多いためです。

ですから、2台同時充電をしたいならまずUSBポート数をチェックした後、変換効率数とアンペア数もきちんと確認しましょう。

性能が高いソーラー充電器ほど、発電能力が高くなっています。

ソーラー充電器の選び方⑦:機能

バッテリーがなくなった状態で放置し続けると、過放電状態になってしまいます。一方、100%を越えた後も充電した場合も、過充電になるので危険です。

過放電・過充電を繰り返していると、バッテリーの劣化・異常な高温や発熱になる可能性がグッと高くなります。

その場合、結果的に事故につながることも多々あるため、なるべく過放電・過充電を防止する機能が搭載されているソーラー充電器がベストです。

また、逆流電防止機能なども搭載されているとさらに安全だと言えます。

ソーラー充電器の耐久性は重要

ソーラー充電器の使用目的は、主に出先でスマホなどの電源を確保するために使われます。出先での衝撃などに耐えられるように、耐久性は非常に重要です。

例えば、普段使い程度なら防水・防塵があり最低限の耐久さえ備わっていれば不便はないでしょう。

しかし、アウトドアや災害時に使いたい場合は、耐熱性や水没に強いかを必ずチェックする必要があります。

製品によって耐久性はばらつきがあるので、自分が利用する用途に合わせて耐久性に関する製品の口コミなどをきちんと見ることが大切です。

おすすめのソーラー充電器

おすすめのソーラー充電器を紹介します。

suaoki ソーラーチャージャー

価格は、14500円となります。
最大の特徴は、コンパクトなのに曇り空でもしっかり充電できることです。

9枚のパネルを折りたためるので、充電力を確保しながら持ち運びにも不便しないようになっています。また、DCポートも搭載されているため様々な家電も充電可能です。

RUIPU モバイルバッテリー ソーラーチャージャー

価格は、3299円です。

24000mAhを搭載しているので、なんとiPhone6を8回充電できます。

小型タイプなのに大容量バッテリーとなっており、急速充電にも対応しています。

他にも過放電・過充電防止機能、LEDライトが付属されているなど製品としてかなり優秀です。

ソーラー充電器についてのまとめ

  • ソーラー充電器とは、太陽光で発電した電気を使ってモバイル機器を充電できるものです。
  • ソーラー充電器の選び方のポイントは、「タイプ」「変換効率」「アンペア数」「USBポート数」「機能」となっています。
  • 折りたたみタイプと小型タイプには、それぞれメリットとデメリットがあるため自分の用途に合わせて判断しましょう。
  • 変換効率、アンペア数はセットで確認すると高性能かどうか分かります。
  • アウトドアや災害時でも使用する場合は、耐熱性や水没に強いかも要チェックです。