腕時計はメンズにとっても重要なおしゃれアイテムです。自分の個性を発揮して楽しめるものですが、自分の感覚だけで選ぶとイメージダウンにつながる場合もあります。

大切なのは年齢や個性に合ったものを身につけることです。それこそが、おしゃれの基本と言えるでしょう。

ビジネスでもプライベイトでも失敗しないために、メンズ時計の選び方の基本を知っておくことが大切です。ここでは、20代と30代のおしゃれなメンズ時計について考えてみましょう。

お金のない20代前半に「チープカシオ」

ビジネスマンになりたての20代前半の男性が、何万円もの腕時計を購入するのにはハードルが高いでしょう。そんな無理をしなくてもおしゃれに見える腕時計はあります。

ここ数年人気になっているのが「チープカシオ」です。チープカシオはブランド名ではありません。1,000円前後のカシオの腕時計のことをSNSなどで「チープカシオ」と呼ばれるようになりました。

しかし、「チープ」だから悪いというのではありません。安くて良い時計という意味合いが、「チープカシオ」には含まれています。

チープカシオにはさまざまなタイプの腕時計がありますが、単色でアナログタイプのものがオススメです。四角い腕時計やレトロ風のものは安っぽさが分かってしまうので、丸型のシンプルなものを選びましょう。

一番人気のあるのが「CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)CASIO MQ-24-7B2LLJF Men’s Analog Watch」です。ミリタリー風のカジュアルな雰囲気の腕時計です。

また、「[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード MTP-1175E-9AJF メンズ」は、革ベルトで見た目も1,000円代とは思えません。

低価格の腕時計でも、おしゃれに見える商品があります。また、革ベルトを替えるだけでも印象は変わります。

チープカシオとはなにか おすすめのチープカシオのモデルの解説
1000円の腕時計でおすすめのモデルとそれぞれの特徴を解説
1000円前後で買える腕時計のブランド モデルと特徴の解説

20代にオススメのおしゃれな腕時計

チープカシオの腕時計だけでもおしゃれは楽しめますが、社会人として時間を過ごすともう少しランクをあげた腕時計を購入したくなります。

しかし、ブランド品は高価で社会人なりたてのメンズには負担が大きいと感じるでしょう。5万円以上もするような腕時計はハードルが高いです。

20代で5万円以上の腕時計をする必要はありません。逆にビジネスシーンでは、年齢に相応しくない高価な腕時計は反感を買う場合があり注意が必要です。

20代に人気でオススメな海外ブランドが、「ポールスミス」と「タイメックス」です。

20代にオススメのポールスミス

イギリス発祥の世界的なデザインブランドが「ポールスミス」です。遊び心のあるデザインの腕時計は20代~30代のメンズに人気を博しています。

遊び心がある反面、どこかクラッシクな感じのあるデザインは、カジュアルでもビジネスでも通用します。

世界的なブランドでありながら1万円台で手に入るのも大きな魅力のひとつです。国内外の有名人にも支持されている人気ブランドですから、さりげないおしゃれを演出できます。

20代にオススメのタイメックス

ポールスミスと同様に20代~30代に人気な海外ブランドが、アメリカNo1ウォッチとも言われている「タイメックス」です。

リーズナブルな価格のカジュアルブランドながら高品質な商品は世界中の人々に愛されています。

ストップウォッチ機能のついた「クロノグラフ」は、男らしさを演出するには最適です。

日常に着用してもスポーツシーンにも似合う「万能タイプ」の腕時計と言えるでしょう。

また、メタルバンドにすれば、ビジネスシーンでも活用できます。

当然ですが、国産品の腕時計にも20代にオススメのものは数多くあります。特にビジネスで使うことが多い人には国産ブランドがオススメです。

腕時計ブランド TIMEX(タイメックス)の歴史と特徴、価格帯

20代のメンズに人気な腕時計

20代のメンズに人気なのがセイコーの「スカイパイロット」です。パイロットウォッチはパイロットの業務に必要な視認性や機能、正確性などの条件を満たした腕時計ですが、その中でも絶大な支持をえているのがスカイパイロットです。

豊富な機能性と洗練されたデザインは、まさに20代ビジネスマンのおしゃれをさりげなく演出します。価格も1万円台なのが魅力です。

20代のメンズに人気なオリエント

正統派の国産時計として有名なオリエントですが、その中でもインデックスと時針がレインボーカラーでおしゃれなデザインの「スタイリッシュ&スマート」シリーズが20代に人気の商品になっています。

クラッシクな中に遊び心がある腕時計は20代にオススメです。

腕時計ブランド オリエントの特徴と歴史、価格帯の解説

20代のメンズに人気なセイコー

日本を代表する時計メーカーと言えば、誰もが「セイコー」と答えるはずです。「グランドセイコー」は、高級腕時計のブランドとして世界中の人々に愛されています。

高級時計でなくてもセイコーの腕時計は確かな信頼を得ています。特に「セイコーファイブ」は機械式腕時計で2万円ぐらいで購入できるおしゃれな時計として高い人気を得ています。

20代の腕時計選びは、まずは無理のない価格のものを選ぶのがベストです。年齢に似合わない高価なものはイメージダウンにもつながります。

リーズナブルな価格のものでおしゃれな時計がオススメです。できればTPOに合わせて2~3個あると、よりおしゃれが楽しめます。

30代にオススメのおしゃれな時計

バリバリと仕事をこなす30代になると、20代よりはワンランク上のおしゃれな腕時計を選びたいものです。そろそろ「一生もの」を選びたい年代ですが、高級ブランドの腕時計は経済的にもハードルが高いのが現実でしょう。

しかし、1万円台の時計ではやや見劣りします。経済的に無理のない3万円~5万円ぐらいのものがオススメです。

30代に相応しいブランドの中で、リーズナブルな価格なのに高級感があると人気な海外ブランドが「ハミルトン」と「エンポリオアルマーニ」です。

30代にオススメのハミルトン

1892年にアメリカで発祥したハミルトンは鉄道時計や軍事用の時計として採用され、信頼性のあるブランドとして世界中で愛用されています。

洗練された重厚なデザインのハミルトンは。まさに30代メンズに相応しいおしゃれな腕時計と言えるでしょう。

腕時計ブランド ハミルトンの歴史と特徴、価格帯の解説

30代にオススメのエンポリオアルマーニ

高級ファッションブランドとして有名なアルマーニのセカンドラインとして1980年に登場したのが、エンポリオアルマーニです。

遊び心のあるデザインが若者に人気のブランドですが、ストップウォッチ機能がついた「クロノグラフ」は、テクニカルなデザインで男心をくすぐる逸品です。時間に追われるビジネスマンのおしゃれな相棒として愛されています。

国産ブランドの腕時計も30代には人気ですが、その中でも一味違った魅力があるのが、セイコーの「逆輸入モデル」です。

30代にオススメなセイコーの逆輸入モデル

逆輸入モデルとは、主に国産のパーツを使用して海外で組み立てられたもので、国内では販売されていないものです。国内にはない斬新なモデルが人気となっています。

特に、セイコーの「パイロットクロノグラフ」は、セイコーらしくない遊び心と本来のスタイリッシュなフォルムが共存したモデルとして人気を集めています。個性を強調したい30代のメンズにはオススメです。

40代で一生モノの腕時計を選ぶポイントとおすすめ品を男女別に解説
大人の時計を選ぶのに必要な条件 年代・性別別のおすすめモデル
時計は何本持っているのが普通か? 複数本持っているメリットの解説

メンズ用腕時計のおしゃれな選び方についてのまとめ

  • メンズにとって腕時計も大切なおしゃれアイテムです。年齢に相応しい腕時計は好感度もアップしますが、TPOに合わないものや過度に高価なものはイメージダウンにつながります。
  • お金のない20代には、「チープカシオ」の中からおしゃれに見える腕時計を選ぶのも良いでしょう。
  • しかし、少し余裕ができたら1万円台で買える「ポールスミス」や「タイメックス」などの人気海外ブランドもオススメです。また、「セイコー」や「シチズン」、「オリエント」の国産ブランドにもリーズナブルでおしゃれな腕時計も数多くあります。
  • 30代は、ワンランクアップして「ハミルトン」や「エンポリオアルマーニ」の海外ブランドがオススメです。3万円~5万円ぐらいで人気の腕時計が購入できます。また、セイコーの逆輸入モデルの「パイロットクロノグラフ」は、国産品とは少し違ったおしゃれが演出できます。
  • 無理なく自分に合ったものを身に着けるのがおしゃれの基本です。それは腕時計も同様です。自分に合ったリーズナブルでおしゃれな腕時計を選ぶことが大切です。