この記事では、除毛クリームとはなにか?使用方法や、おすすめの品7選を解説します。

この記事を通して、除毛クリームの使用方法や注意点について知り、自分に合ったものを選ぶことが出来ます。

除毛クリームってどんなもの?

除毛クリームとは、その名の通り除毛をするクリームのことで、アルカリ性の薬剤が毛のたんぱく質に反応して、毛を溶かすという仕組みが特徴です。

ムダ毛が気になる女性にとって、手軽に除毛ができることが出来ます。

しかし、肌が弱い人にとっては刺激となることも少なくありません。敏感肌である場合は無理に使用しないほうがよいでしょう。

除毛クリームと脱毛クリームの違い

除毛クリームは、あくまで除毛することが目的の製品です。

脱毛ではないため、ある程度の期間が経つと再び毛は生えてしまいます。

除毛クリームがおすすめな理由

ムダ毛の処理を煩く感じる人は少なくありませんが、除毛クリームは、クリームを塗って放置するだけでよいため、広範囲のお手入れであっても手軽に処理することができます。

毛穴の中にも入り込んで毛を溶かすため、カミソリで処理したときのようなチクチク感がない上に、処理後は非常に綺麗な仕上がりになります。

カミソリで処理したときと比べると、次に毛が生えてくるまでの期間が長いのも魅力のひとつです。

除毛クリームの選び方

除毛クリームの選び方①:使用可能な部位

除毛クリームは、商品によって使用できる部位が異なっています。一般的なクリームは、ワキや腕・足用のものが多いです。

顔やVIOラインなどは皮膚が薄く、刺激になりやすい部位のため、顔やデリケートゾーンに使いたい場合は、使用可能と記載されているものを選ぶ必要があります。

脇などの毛が硬く、太い部位には強力なもタイプのを選ぶと効果的に使用できます。

除毛クリームの選び方②:臭いの有無と香り

除毛クリームには、特有のツンとした臭いのあるものが一般的です。

中にはツンとした臭いが軽減されたものや、香りつきのものもあるため、臭いが苦手な人は、製品の臭いに関する表記を見て選ぶのもよいでしょう。

除毛クリームの選び方③:敏感肌な人は低刺激なものがよい

除毛クリームは、それぞれ薬剤の強さがあり、薬剤の強さが自分の肌に合っていないと、肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

敏感肌の人は、「敏感肌用」と表示されている低刺激のものを選ぶのがおすすめです。

保湿成分や抗炎症成分が含まれていると、更に安心して使用することができます。

除毛クリームの使い方

除毛クリームを使う際には、最初にパッチテストを行う必要があります。

使用されている薬剤が肌に合わない場合、肌トラブルとなったりアレルギー反応が起きたりすることがあるためです。

手の甲や二の腕などに少量塗り、肌に異常が出ないか確かめたうえで使用するとよいでしょう。

除毛クリームを使用する際には、まず除毛したい部位の水分を拭き取ります。

除毛する際に肌が濡れていると、薬剤が薄くなってしまい効果が薄くなってしまう恐れがあるためです。

次にクリームを塗っていきます。1㎜~3㎜程度の厚さまでクリームを重ねて塗るのが効果的です。

塗り終わったら規定時間待ちますが、商品によって時間が違ってくるため、時間は必ず守る必要があります。

規定時間より短いと効果が薄くなったり、長いと肌トラブルのもとになったりしてしまいます。

最後にシャワーで綺麗に洗い流して除毛が完了です。

除毛クリームの後はアフターケアも大切に

除毛クリームを使用した後は、肌が乾燥しがちであるため、しっかり肌を保湿してアフターケアをする必要があります。

除毛クリームのおすすめ品7選

アンドシーム セシルマイア インバスリムーバー

使用部位
顔や首筋などデリケート部位以外
塗布時間
1分

アンドシーム セシルマイア インバスリムーバーは、一般的な除毛クリーム特有のツンとした臭いをカットしており、浴室での使用も気にならない製品です。

先端がスポンジパフになっており、手を汚さずに塗ることができます。塗布時間が1分と短く、効率的に処理をすることができます。

鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳除毛クリーム

使用部位
顔や首筋などデリケート部位以外
塗布時間
5分

鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳除毛クリームは、7種類のハーブエキスや豆乳に含まれる美肌成分「イソフラボン」を配合したスキンケア力抜群の除毛クリームです。

除毛成分の中では一番肌にやさしいと言われている『チオグリコール酸カルシウム』を使用しているため、敏感肌の人には特におすすめです。

ヴィート レキットベンキーザー・ジャパン

使用可能
腕・足・ワキ・ビキニラインのみ
塗布時間
3分

ヴィート レキットベンキーザー・ジャパン  は、除毛クリーム業界で世界No.1のブランド、ヴィートの除毛クリームです。

 

専用のスポンジがついていて、手を汚さずに使用することができます。

敏感肌用ですが、他にも毛の濃い人用や香りつきのものなど様々な種類が展開されています。

クラシエホームプロダクツ エピラット

使用可能
腕・足・ワキのみ
塗布時間
5~10分

クラシエホームプロダクツ エピラットは、どこのドラッグストアでも取り扱っているといってもいいほど、除毛クリームの定番商品です。

 

低刺激で除毛力もあり、コストパフォーマンスにも優れています。

created by Rinker
エピラット
¥790(2019/06/26 02:04:16時点 Amazon調べ-詳細)

ヴィーナスラボ タラソボーテエピクリーム

使用可能
顔・頭・粘膜・デリケートゾーン以外
塗布時間
5~10分

ヴィーナスラボ タラソボーテエピクリームは、海をイメージしたマリンブーケの香りが癒されると口コミで話題です。

クレイという泥の成分が毛穴の奥の奥まで入り込んで、しっかりと除毛してくれます。

 

created by Rinker
ヴィーナスラボ
¥1,380(2019/06/26 02:04:16時点 Amazon調べ-詳細)

ガーデン シャルラ ディサヘアクリーム

使用可能
顔や首筋などデリケート部位以外
塗布時間
5~10分

ガーデン シャルラ ディサヘアクリームは、着色料、鉱物油、パラベンといった添加物を使っていない、低刺激のクリームです。

肌にやさしいトリートメント成分や抑毛成分が配合されていて、除毛後のケアまでしてくれます。敏感肌の人には特におすすめな品です。

created by Rinker
マーガレット・ジョセフィン・ジャパン
¥1,380(2019/06/26 02:04:16時点 Amazon調べ-詳細)

MENS NULL 薬用リムーバークリーム

使用可能
Vライン・ボディ
塗布時間
5分

MENS NULL 薬用リムーバークリームは、メンズ向けの除毛クリームですが、女性も使用することができます。

脇などの剛毛な部位にはメンズ向けのものを使うのがおすすめです。

強力除毛ながら保湿成分のアロエエキスが配合しされており、使用後の肌への負担が少ないのが特徴です。

除毛クリームについてのまとめ

  • 除毛クリームとは、アルカリ性の薬剤が毛のたんぱく質に反応して、毛を溶かすという仕組みで除毛をするクリームのことです。
  • 除毛クリームは広範囲のお手入れであっても手軽に処理することができます。毛穴の中にも入り込んで毛を溶かし、カミソリで処理したときよりもとても綺麗な仕上がりになります。次に毛が生えてくるまでの期間が長くなるのも魅力のひとつです。
  • 除毛クリームを選ぶときには、使用可能な部位を確認する必要があります。特に顔やデリケートゾーンに使用するときには注意が必要です。
  • 敏感肌の人は、敏感肌用のものや低刺激のものを選ぶとよいでしょう。保湿成分や抗炎症成分が含まれているものがおすすめです。
  • 除毛クリームを使用する際には必ずパッチテストをして、自分の肌に合っているか確認する必要があります。
  • 使い方は、使用する部位の水気を拭き取ってからクリームを塗り、規定時間待ってからシャワーで洗い流すだけです。使用後は乾燥しがちあるためで、保湿をしっかりすることが大切です。