暑いときや、洗濯物を早く乾かしたいときなどエアコンよりも電気代が安くすむ扇風機を先に使用する人は多いのではないでしょうか。

また、エアコンの涼しい空気を素早く循環させたいと考えたときも扇風機は活躍します。

最近では、扇風機に似たものとして家電量販店でサーキュレーターが販売されているのもよく見かけます。扇風機もサーキュレーターも、風が出るという点を見れば同じように見える人もいるでしょう。

見た目もそこまで差異はないので、何が違うか意外と知らない人が多いです。しかし、実は扇風機とサーキュレーターには明確な違いがいくつかあります。

扇風機とサーキュレーターの違いを知ることにより、部屋の環境をさらに快適にすることが可能です。そこで今回は、扇風機とサーキュレーターの違いなどに関して詳しく解説していきます。

扇風機とサーキュレーターの違い

扇風機とサーキュレーターの違いは以下の通りです。

扇風機の特徴
・遠くまで風が飛ばず、風量は強くない
・首振りがある
・掃除が簡単
・音が静かで、機能も充実している

このように、扇風機はあまり風量が強くありません。ですから、「身体に風を当てたい」「早く扇風機で涼みたい」場合に使用しましょう。また、音が静かで柔らかい風を飛ばすため就寝中も快適に過ごすことができます。

静音重視の人・寝室で使用する人は、サーキュレーターよりも扇風機が向いています。そして扇風機のメリットは、機能が充実しているところです。例えば、首振り機能やタイマー機能、風量調節などがあります。

他にもデザイン性が高いものやチャイルドロック機能が搭載されているものまで発売しているので、最近の扇風機は特に見た目や機能性が優れていると言えるでしょう。

サーキュレーターの特徴
・風量が強いので、遠くまで風が届く
・上下左右に風の方向を変えられる
・風量調節がしにくい
・音がうるさく、掃除が面倒

サーキュレーターは、涼むために使用される扇風機と違い「空気の循環」をさせる役割を果たしています。風が強く直進的だから、扇風機より遠くまで風が飛ばせることも大きな特徴です。

空気の循環が目的なので、エアコンと合わせて使う人が多いです。しかし左右の首振り機能は、安いものでは付いていないことも少なくありません。

音も大きいサーキュレーターもあるため、寝室に設置する場合は扇風機のほうが向いていると言われています。

前述した扇風機とサーキュレーターの特徴をまとめると、扇風機は基本的に涼むために使用されている・サーキュレーターは空気を循環させるために使われるということになります。

身体に風を当てることが目的な扇風機の風と違い、サーキュレーターの風は強めです。

ですから、身体に風を当てたいときにサーキュレーターを使用することは風の当たり方が異なるのであまりおすすめとは言えません。

サーキュレーターは空気を循環させることが目的の家電

サーキュレーターの特徴を具体的に説明していきます。サーキュレーターは、空気を循環させることが目的なので風量がとても強いです。直線的で、遠くまで届く風を起こすことができます。

サーキュレーターの上手な活用法として、エアコンなどと一緒に使うことが良いと言われています。

例えば、夏にエアコンを使用する際一部冷えていない場所があった場合、サーキュレーターを使うことにより部屋全体に涼しい空気を行き渡らせることが可能です。

また、冬に暖房を使うときも暖かい空気が天井に溜まっていて中々暖かくならないときにサーキュレーターを活用すると、部屋全体の温度が一気に上がります。

サーキュレーターは、扇風機と違い風の方向を上下左右で変えられます。ですから、上に溜まっている暖かい空気も循環させられると言うことです。エアコンと併用することにより、部屋の温度が快適になります。

そして、洗濯物の乾燥を手早くしたい場合でもサーキュレーターは活躍します。

暖かい空気を循環させることで乾かしやすくなる・風が強いため洗濯物に当てるとすぐに乾くので、洗濯物を早く乾かしたい!と感じたときもサーキュレーターは便利です。

おすすめのサーキュレーター

サーキュレーターを選ぶ場合は、「風力」「静音性」「機能性」を見て判断するのがベストです。

価格重視する人も、サーキュレーターは2000円前後の安価なものも販売されています。この章では、おすすめのサーキュレーターを紹介します。ぜひ、参考にしてください。

アイリスオーヤマ コンパクトサーキュレーター PCF-HD15N

価格は、2161円です。

他のサーキュレーターと比べても安価な商品ですが、静音モードがあり首振り調節もできます。風力も3段階で調節できる・部屋の換気などにも向いているので、コスパを重視する人に最適です。

リーズナブルなのに機能性も悪くないため、人気が高い商品となっています。

ゼピール自動首振りサーキュレーター DA-A200G

価格は、4896円となっています。この商品は、タイマー機能が搭載されています。

1・2・4時間の中から、電源のオンオフを選べるのでエアコンのタイマーと合わせることも可能です。

また、他の機能も充実しており「風量を3段階から調節できる」「静音モード搭載」「左右自動首振り機能あり」と、価格以上に機能性が優れた商品と言えます。

おすすめのサーキュレーター機能搭載扇風機

サーキュレーター機能が搭載されている扇風機ならば、一年中使えるうえに電気代もかなり安くなるでしょう。

長期的に使用するほどお得になるため、近年注目を集めています。この章では、おすすめのサーキュレーター機能搭載扇風機を紹介します。

一般的な扇風機よりも価格は高めですが、使用したときの満足度が高いと定評があります。

シャープ プラズマクラスター搭載 PJ-H2DBG-C

価格は、26600円です。

コンパクトなサイズで、バッテリー式なため持ち運びにも便利です。サーキュレーターとしての役割もしっかりこなします。

パワフルな風だけでなく、弱にすればかなり弱めの風を送ることもできるので様々な用途で活躍するでしょう。首振り機能・プラズマクラスター搭載など、あると便利な機能も充実しています。

トップランド M7205-WT

価格は、3059円となります。

デスクやテーブルに限らず、トイレや玄関などの小スペースにも設置できる優れものです。

小さめですが、扇風機・サーキュレーターの機能の良いとこ取りをしているためかなり使いやすいでしょう。
また、充電用のUSBポートもあります。

扇風機とサーキュレーターについてのまとめ

  • 扇風機は、基本的に身体に風を当てて涼む目的として作られています。しかしサーキュレーターは、空気の循環が目的なので風量の強さも異なります。
  • サーキュレーターは、エアコンと併用することで部屋の温度を一気に快適にすることが可能です。また、洗濯物を素早く乾かせることもできます。
  • サーキュレーターの風は、直線的で遠くまで風が届くほど風量が強いので身体に直接当てるよりもエアコンと併用するのがベストです。
  • サーキュレーター機能搭載の扇風機もあるので、用途に合わせて購入しましょう。