暑い夏、帰宅して部屋が暑かったら気分が下がりますよね。かといってエアコンをガンガン付けるのは電気代が気になります。

エアコンだけに頼らない、しかし快適に暑さを乗り切りたい、そんな人こそ、この記事を読むことで効率よく夏の暑さを乗り切るすべを知ることができます。

部屋を涼しくするための主な方法

部屋を涼しくしたい、そのためには「空気の循環」や「水の気化熱」「湿度」という自然の力を利用するべきです。

暑いとき多くの人は帰宅後すぐにエアコンを付けますよね。

エアコンは確かに便利で、部屋を冷やすパワーもあります。しかしエアコンだけをフル稼働させても部屋を効率良く涼しくはできません。そのうえ「電気代」の不安がつきまとう製品でもあります。

ではどうすれば効率よく部屋を涼しくできるのでしょうか。それは「効率よく部屋の熱を取る」ことです。

エアコンが部屋を冷やす仕組みをまず簡単に説明します。エアコンは「部屋内の熱を排出する」ことで「部屋を冷やして」います。まさに部屋を冷やしてくれる製品であることは、間違いありません。

しかしそのパワーには電気代が多く掛かってしまいます。帰宅直後の暑い部屋で使用すると、熱を多く排出しようとして、消費電力もそれに比例して多くなります。

合わせて、エアコンは古い型の場合、湿度を上げてしまう効果もあります。湿度が上がると、温度を指す数字上では涼しいはずなのに、体感温度では変わらないということも起こり得ます。

ここからは自然の力を利用する製品をいくつか紹介します。これらを利用しながら、エアコンを併用することでより快適な部屋環境を、体にも財布にも優しく作り上げることができます。

扇風機は消費電力が少ない

まず、夏の代名詞ともいえる家電の「扇風機」です。扇風機は風をおこしてくれる便利な製品であるうえに、消費電力も少ないと良いこと尽くめです。しかし、上手く使わないと”熱い風”をおこすだけになってしまいます。

扇風機の効率的な活用として「窓の外に向ける」「扇風機の前に氷などを置く」という方法があります。まず「窓の外に向ける」について説明すると、扇風機でおこした風で部屋内の暑い空気を排出してしまいます。

こうすることでエアコンだけに頼らない「熱の排出」が可能になります。また「扇風機の前に氷などを置く」のは、氷などは溶けるときに「気化熱」といって熱を奪います。

つまり扇風機の前の温度が下がるので、扇風機のおこした風が冷たくなり、部屋中を駆け巡ることになって涼しくなります。氷が無ければ、凍らせたペットボトルなどでも大丈夫です。

オススメの扇風機は『三菱電機「R30J-DV」』、これは消費電力が比較的少ないうえに方向が自由自在であるため、風をまわすのにうってつけ。高さの伸び縮みにも幅があるため、お部屋に合わせて使用できるはずです。

サーキュレーターは空気の循環によい

つぎにサーキュレーターを紹介します。サーキュレーターは扇風機同様に風をおこすものですが、扇風機よりも「空気の循環」に効果的な製品です。

扇風機との違いはおこす風の種類。扇風機の風は人が当たるように広範囲に、距離の短い風をおこします。その一方でサーキュレーターは狭い範囲に遠くまでの風をおこします。

基本的には直接人間が当たるものではないため、風の強さもサーキュレーターに軍配が上がります。サーキュレーターをうまく活用するには天井に向かって風をおこしたり、窓付近に設置するという方法が上げられます。

暑い空気は天井(上部)に溜まるため、サーキュレーターを使い、溜まった空気を循環させます。そうすると、効率的に部屋全体を涼しくできます。また窓付近に設置するのも空気の循環を早めるためです。

オススメのサーキュレーターは『アイリスオーヤマ「PCF-HD15N」』です。値段は安いですが、必要な機能がほとんど揃っており、コストパフォーマンスが良い製品です。

除湿機で湿度を下げると体感温度も下がる

暑さの中で快適に過ごすためには「除湿器」も役に立ちます。湿度を下げることができれば体感温度はグッと下がります。

除湿器は意外と知られていないのですが、「1.コンプレッサー式」「2.デジカント式」「3.ハイブリッド式」の3種類あります。コンプレッサー方式とは、空気中の熱を取り出して、結露を発生させ、湿気を取るものです。

熱を取り出せば取り出すほど、除湿パワーが上がるため暑い夏に向いている除湿器と言えるでしょう。ただサイズが大きくなるほか、稼働音がすると言う点には注意です。

そしてデジカント方式とは、乾燥剤に空気中の水分を吸着させ湿気を取るもの。音は静かですが、吸着した水分を飛ばすためにヒーターを用いるため、部屋の温度が少し上昇してしまいます。

洗濯物を乾かすという点では役に立ちますね。最後のハイブリッド式は両方の機能を持つ除湿器です。

オススメの除湿器は『パナソニック「F-YHLX120」』これはハイブリッド式なので年中使うことができます。必要な機能はこれ1台でぜんぶ揃っているとも言えますね。

一か所だけ冷やすにはポータブルクーラーがよい

部屋やオフィス、外でも自分だけのスポット冷却をしたいなら「ポータブルクーラー」が候補にあがります。ポータブルクーラーとはその名の通り「持ち運べるクーラー」のこと。

クーラー言えば工事を依頼して設置して・・・としなければならないイメージですが、最近はポータブルのものも販売されているんです。

そのサイズは様々で、業者に依頼するクーラーより一回り小さいはめ込みクーラーから、車中泊やアウトドアで活躍しそうなサイズ、卓上サイズまであります。

メリットは持ち運べると言うこと、そしてどこでも冷たい風を感じることができるということです。

しかし、注意点として冷たい風が出る口の反対側からは”暑い空気”が出るということが上げられます。

オススメは『コイズミのポータブルクーラー「ラ・クール」』これは室内機と室外機が別れており、まさにポータブルサイズになったクーラーです。家のクーラーが壊れてしまったときでも役に立つはずです。

また卓上サイズをお求めなら『Madoats「ミニポータブルエアコン」』これは中に水や氷を入れることで冷たい空気が出ると言う、ただそれだけのモノですがコンパクトで便利です。

かき氷器は種類も多く楽しめる

最後に紹介するのは「かき氷器」です。近年はかき氷器も進化しており、種類も多数あります。

かき氷器選びで抑えておきたいのは「バラ氷」を使うのか「ブロック氷」を使うのか。自宅に冷蔵庫があり、付属の製氷機で作ることが多いのであればバラ氷使用の方が使いやすいはずです。

ブロック氷を使用するのは業者さんか縁日、パーティのときぐらいです。そして、台湾発祥のかき氷「アイ○モンスター」風のかき氷が好きな人も多いはず。最近のかき氷はそれさえも作れます。

オススメのかき氷器は「ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器 DCSP-1851」です。これはふわふわのかき氷をつくるためのかき氷器で、レバーを引くだけの自動削りで手間もかからないです。

ただ、使用する氷は専用の型で作成したブロック氷となりますが、こまめに作成しておけばいつでもふわふわを楽しむことができます。

部屋を涼しくする方法についてのまとめ

  • 部屋を涼しくしたい、そのためには「空気の循環」や「水の気化熱」「湿度」という自然の力を利用するのがよいでしょう。
  • いきなりエアコンを付けると電気代ばかり掛かってしまいます。
  • 空気の循環を良くするなら扇風機やサーキュレーターがおすすめです。
  • 水の気化熱を利用するなら扇風機やポータブルクーラーおすすめです。
  • 湿度を下げるなら除湿器(湿度を下げれば体感温度が下がる)を使用しましょう。
  • かき氷器で自分が冷たいものを食べるのもよいでしょう。