掃除機は、綺麗な家を保つために必須とも言える家電です。食べかすやホコリなど、気になるゴミまで一瞬で吸い込みます。現在では、サイクロン掃除機が主流となっており機能面から見ても進化しています。

サイクロン掃除機は、従来の掃除機と比べても吸引力・コスパの面で優れていると言っても過言ではありません。メンテナンスの手間まで、従来の掃除機より格段に楽になっているのでサイクロン掃除機の需要はどんどん高まっています。

サイクロン掃除機の中でも特に人気があるのが、「フィルターレスサイクロン掃除機」です。吸引力が落ちにくいなどの様々なメリットがあるため、注目を集めています。

そこで今回は、サイクロン掃除機の特徴やおすすめ商品などを紹介します。

フィルターレスサイクロン掃除機とはなにか?

サイクロン掃除機は、吸引した空気を循環させ遠心力でゴミを分離させています。ゴミ自体は、ダストカップ内に溜まる仕組みとなっており掃除機の外に空気を排出しています。

サイクロン掃除機の1つであるフィルターレスサイクロン掃除機は、フィルターがないため掃除の手間がほとんどありません。また、吸引力も落ちにくいと言うメリットもあります。

サイクロン式と紙パック式の違い

サイクロン式と紙パック式の違いを簡単に説明していきます。サイクロン式と紙パック式の違いは、簡単に言うと紙パックがあるかどうかです。そもそもサイクロン式は、ダストカップと呼ばれるものがあります。

紙パックの代わりに、ゴミは全てそのダストカップに溜まるような仕組みです。紙パック式は、サイクロン式と異なりゴミを紙パック式に集めるようになっています。

紙パック式だと、ゴミが溜まっていくと吸引力が落ちてしまう場合があります。しかし、サイクロン式ならダストカップに溜まったゴミをすぐに捨てることができるので吸引力が落ちにくいです。

大人気家電!ロボット掃除機の選び方やおすすめ商品を解説!
サイクロン式掃除機を使ってお掃除を快適に!メリット・デメリットを解説
紙パック式掃除機のおすすめとその特徴を解説
スティック掃除機のおすすめの選び方 おすすめの品を解説
ハンディ掃除機の種類と特徴 選び方のコツとおすすめの品を解説
コードレス掃除機のメーカーごとの比較 選び方とおすすめの品
掃除機の吸引力最強はなに?そもそも吸引力とはなにか
コードレス掃除機とはなにか?種類とそれぞれの特徴 メリットを解説
カーペットの掃除機のかけ方のポイントと人気の掃除機を解説
老若男女におすすめ 手軽で便利な「軽い掃除機」を紹介
吸込仕事率とはなにか 吸込み仕事率と掃除機の関係の解説
掃除機購入のタイミングはいつ?大手メーカーの買いどきを解説
掃除機のおすすめは?タイプ別のおすすめ紹介
掃除機の選び方のポイント 掃除機の種類とそれぞれの特徴の解説
ダイソンの吸引力っていいの?サイクロン式の特徴とおススメの商品

サイクロン式掃除機のメリット

サイクロン式のメリットをピックアップします。

サイクロン掃除機のメリットはコスパが良い

サイクロン掃除機は、紙パックを使う必要がありません。紙パック式は、紙パックにゴミが溜まれば交換する必要がありコスパの面から見ると良いとは言えないです。

しかし、サイクロン掃除機ならダストカップに溜めているゴミを捨てるだけで何度でも使えます。

サイクロン掃除機は排出される空気が綺麗

サイクロン掃除機は、遠心力でゴミを分離させているため空気がゴミの中を通過しないような仕組みです。ですから、排出する空気も綺麗になります。小さな子どもがいる家庭では、特に空気が汚れないように気を配ることが多いです。

サイクロン掃除機であれば、空気に関して悩むことが少なくなるでしょう。

サイクロン掃除機は吸引力が落ちにくい

吸引力が落ちにくいのも、サイクロン式の特徴です。ゴミを捨てるのが、紙パック式に比べてもとても簡単となっています。ゴミをこまめに捨てることにより、吸引力が紙パック式に比べて落ちにくいです。

このように、サイクロン式はメリットが多いと言えます。フィルターレスサイクロン掃除機なら、フィルターの掃除をする必要がない・吸引力がさらに落ちにくいと言うメリットもあります。

フィルターありのサイクロン掃除機も、定期的なお手入れをすることで排出される空気が綺麗になるうえに価格も安価です。使いやすさの面で言えば、フィルターレスサイクロン掃除機の方が良いでしょう。

しかし、安価なサイクロン掃除機が欲しい・こまめなお手入れが苦痛ではない人ならフィルターありのサイクロン掃除機が最適です。

サイクロン掃除機の種類

サイクロン掃除機には、大きく分けて2つあります。キャニスタータイプとスティックタイプと呼ばれており、それぞれにメリットがあるので慎重に選びましょう。

下記に、2つのサイクロン掃除機の特徴やメリットなどを解説します。ぜひ、参考にしてください。

キャニスタータイプのサイクロン掃除機の特徴

キャニスタータイプの最大の特徴は、本体がホースでつながっていることです。

このタイプのメリットは、「吸引力が高いので、ゴミ・ホコリをハイパワーで吸うことができる」「ダストカップの容量が大きいから、お手入れが簡単」なことです。

大きなや吸いにくいゴミも、あっという間に吸引できます。

また、サイクロン掃除機は吸引力が落ちにくいためキャニスタータイプのサイクロン掃除機なら家を掃除することがグッと簡単になるでしょう。そして、ダストカップの容量が大きいので掃除したいときにサッと掃除できます。

多少ゴミが溜まっても容量に余裕があるため、広い部屋を掃除する際も最適です。しかし、キャニスタータイプにもデメリットはあります。
それは、サイズが大きいことです。

サイズが大きいと、細かいところなどが掃除しにくいうえに置き場所を圧迫してしまいます。

ワンルームの部屋の場合、必然的にスペースを取ってしまうためさらに部屋が狭くなる恐れもあります。

ですから、キャニスタータイプを選ぶ際は置き場所に困らない人や余裕のあるスペースを用意できる人のほうが適しているとも考えられます。

スティックタイプのサイクロン掃除機の特徴

スティックタイプの最大の特徴は、本体とヘッドが一体になっていることです。キャニスタータイプに比べて、スマートでおしゃれなデザインのものが多数あります。

スティックタイプのメリットは、場所を取らない・狭い部屋でもスムーズに掃除できることです。

また、細かいところのゴミまですぐに掃除できるため隅まで綺麗な部屋にすることができます。一方、キャニスタータイプと同様にスティックタイプにもデメリットはあります。

スティックタイプのデメリットは、吸引力・ダストカップがキャニスタータイプと比べて劣ることです。吸引力自体は、キャニスタータイプに比べて弱いので吸いにくいゴミだと中々スムーズにゴミを吸えないこともあります。

そして、ダストカップが小さいからお手入れの手間がキャニスタータイプよりかかるとも言えます。

サイクロン掃除機の選び方

サイクロン掃除機が欲しいと考えていても、たくさん販売されていて悩んでしまう…という人も多いです。

この章では、サイクロン掃除機を選ぶポイントをいくつか解説を交えて紹介していくので参考にしてください。

お手入れがしやすいかで選ぶ

サイクロン掃除機を使う機会はたくさんあるため、お手入れがしやすいかは重要です。

フィルターレスサイクロン掃除機や、ダストカップを水洗いできるタイプだとお手入れなどがさらに簡単になります。

吸引力で選ぶのもよい

吸込仕事率の数字を確認すれば、短時間でゴミを吸いだせるか分かります。基本的に吸込仕事率の数字が高いほど、吸引力が強いです。

注意する点として、フィルターの有無で微妙に吸引力が異なること・吸引力が強すぎると床に強く吸い付き小回りがしにくいことも留意しましょう。

収納しやすいかで選ぶのもコツ

本体がスリムなものを選ぶことも、サイクロン掃除機を購入する際に重要なポイントです。

付属品の多さも選ぶポイント

狭い場所を掃除しやすいノズルなど、付属品が多い掃除機なら掃除がさらに簡単になります。

コードの有無も選ぶ際には重要

コードレスか、そうではないかもしっかり確認しましょう。コードレスのほうが、掃除は楽だと言われています。

ダイソンのおすすめサイクロン掃除機

ダイソン(dyson) Dyson Ball Animal+Fluffy CY25AF

価格は、54779円です。フィルターレス・付属品がたくさんあるので、掃除が簡単にできます。

また、コンパクトサイズなので持ち運びしやすいうえに収納もしやすいです。

ダイソン(dyson) V10 Fluffy SV12FF

価格は、66900円です。付属品は5種類、軽量コンパクトでありながらモーターの力で吸引力がかなり強くなっています。

また、ハンディクリーナーとしても使うことができます。

サイクロン掃除機のおすすめ

 

パナソニック(Panasonic) サイクロン掃除機 MC-SR36G-N

価格は、41517円となります。

ハウスダスト発見センサーを搭載しており、部屋の清潔を保てます。

また、ダストボックスの内部がダブルメタルを採用しているためゴミが付着しにくいです。手も汚れない、手入れも簡単と魅力がたくさんあります。

日立(HITACHI) パワーブーストサイクロン コードレスクリーナー PV-BEH900

価格は、41000円です。最大40分の運転ができます。LEDライトが照らすことで、小さなゴミまで見逃しにくくなります。

また、ミニパワーヘッドなどでソファやベッドまで清潔にすることが可能です。

サイクロン式掃除についてのまとめ

    • サイクロン式と紙パック式の違いは、紙パックの有無です。
    • フィルターレスサイクロン掃除機だと、お手入れも簡単で排出した空気も綺麗だと言えます。
    • サイクロン掃除機には、キャニスタータイプとスティックタイプがあります。
    • サイクロン掃除機の選び方のポイントは、「手入れのしやすさ」「吸引力」「収納のしやすさ」「付属品の多さ」「コードの有無」を必ずチェックすることです。