掃除機は 各社しのぎを削って日々改良が重ねられている白物家電の一つです。様々なタイプの掃除機が売られている昨今ですが、カーペットの掃除に適した掃除機はどのような製品があるのでしょうか。

カーペットの掃除機がけは 奥まで入り込んだゴミや 絡まってなかなか吸い取れない髪の毛でストレスを感じる事も多いと思います。

今回はそんなストレスフルになりがちな「カーペットの掃除機がけ」について、掃除機がけのポイントと共に 人気の掃除機をご紹介いたします。

カーペットの掃除機のかけ方

カーペットでは掃除機かけを短い距離で繰り返す

カーペットの掃除機がけをする際、長い距離でかけているとヘッド部分が浮いてしまいがちです。

カーペット表面にヘッド部分がぴったり吸い付くことがポイントであるため、短い距離を往復させながらかけるのがコツです。

カーペットでは掃除機をゆっくり動かす

掃除機では、ヘッドをゆっくりと動かす事がとても重要になります。

早く動かしてしまうと、カーペット表面をなぞるだけで 絡まった毛や奥深くに入り込んだゴミを絡み取れなくなります。

カーペットでは掃除機を十字にかける

一方向だけに掃除機のヘッドを動かすと、カーペットの場合はホコリやゴミを絡みとってキャッチする事は難しくなります。

いろんな方向から掃除機がけをするようにしましょう。

おすすめのカーペット掃除向きコードレス掃除機

東芝 トルネオコードレスVC-CL150

3つの気流がチリや花粉などの微細な粒子まで分離。排気フィルターの目詰まりを抑え、パワフルな吸引力が持続※2。

VC-CL150の特徴
・ワイドな吸い込み幅のヘッドで細かいゴミまで除去。
・片手でラクラク:握りやすく、持ちやすい重量バランス。自走式ヘッドで進みなめらか。
・ゴミを自動で検知してお知らせ。ヘッドを浮かせると自動で停止。
・サクサク移動:軽量で持ち運びやすい。コードレスだから車の中など外でも使える。場所をとらずにコンパクトに収納。

東芝 トルネオコードレスVC-CL150 

おすすめのカーペット掃除向き業務用掃除機

業務用掃除機は集められるゴミの容量が多く、通常の家庭用掃除機よりも吸引力・耐久性が強いです。濡れた場所の掃除も可能な 水分も吸引できる”乾漆両用”タイプもあります。

マキタ コードレス掃除機 CL106FDSHW+じゅうたん用ヘッド 10.8V

CL106FDSHWの特徴
隙間に入り込んだゴミも、しっかりパワフル吸引 吸込仕事率:19W
カプセル式で ゴミ捨てはカプセルをひねってはずすだけ。
薄暗い場所等のお掃除に便利なLEDライト付。
奥の奥まで届き、真っすぐ立てやすいノズルは、床面に密着して浮かないからソファーの下もラクラク。

マキタ コードレス掃除機 CL106FDSHW+じゅうたん用ヘッド 10.8V

おすすめのカーペット掃除向き掃除機

ダイソン V8 フラフィ

ダイソン V8 フラフィ
コードのいらない解放感。最長40分の運転時間。
Tier Radial™ サイクロンで強力な遠心力を発生させて微細なゴミまでを空気から分離し、クリアビンに弾き飛ばします。
衛生的なゴミ捨て機能:ワンタッチで簡単にゴミを捨てることができます。
隙間ノズル:狭い隙間や届きにくい場所の掃除に便利です。
価格.com大賞2016受賞。根強い支持で高い評価を獲得しています。

ダイソン V8 フラフィ

カーペットにかける掃除機についてのまとめ

  • カーペット用アタッチメントを必要に応じて使う、カーペットモード機能のある製品を選ぶ等、それぞれのお掃除シーンにぴったりな掃除機を選択しましょう。
  • カーペットの掃除機がけをする際は、3つのポイントをおさえる事により お掃除の効率がよくなります。
  • 短い距離で繰り返しかける。
  • ヘッドをカーペットにぴったりあてて、ゆっくりと動かす。
  • 十字に掃除機をあてる等、いろんな方向からかける。
  • お気に入りの製品を購入したら、以上の掃除機がけのポイントをおさえて効率のいいお掃除をしましょう。