生活していく上で、家電製品は欠かすことのできないものです。家電製品が出始めた頃は、テレビ・洗濯機・冷蔵庫が三種の神器と呼ばれていました。

この三種の神器には入れ替わりがあり、掃除機や炊飯器が入れ替わりで入っています。生活の中に必要とされていることが分かるでしょう。

ここでは掃除機購入のタイミングについて見ていきます。

購入する際、家電量販店での購入が多いでしょうが家電量販店にはそれぞれ決算期がありますので、決算期をめがけて購入すればお得に購入することができます。

少しでも安く買いたい家電製品、購入のタイミングを間違えずにお得に購入しましょう。

掃除機が安くなる買いどき

掃除機だけではありませんが、家電製品は上記にも書いたように決算期に安くなります。

理由として家電量販店は在庫を減らして利益を出したいため、安く商品を売り出していくためです。

消費者にとっては家電製品が安く手に入りますので、お互いがウインウインになります。

では具体的に何月頃に決算期となるのか、またそのほかにも安くなるタイミングはないのか?具体的に見ていきましょう。

量販店の決算前は掃除機が安くなる

大手の家電量販店は、決算時期がどこも同じです。例外がビックカメラで、他の家電量販店とは決算時期が違います。

総決算       中間決算

ヤマダ電機    3月         9月

ビックカメラ   8月         2月

ヨドバシカメラ  3月         9月

ノジマ      3月         9月

ケーズデンキ   3月         9月

ジョーシン    3月         9月

家電量販店はみなさんのボーナスを家電の買い替えに向けてくれるように、セールを行っています。決算期とボーナス商戦と呼ばれるセール時期が、掃除機を買う上でまずは買い時の基本線となります。

新型と旧型の入れ替え時期

家電製品は年毎、早いもので数ヵ月後には新しい商品が売られるようになります。買うタイミングとしてやってはいけないことが、新商品を出た直後に買うことです。

新商品は安くなっておらず、利益を出すために高く設定されています。値段は2ヶ月程はそのまま据え置かれますので、購入は安くなってからにしましょう。

また、新製品の性能が微妙だとクチコミで広がった場合、旧型が値上がることもあります。多くあることではありませんが、購入の際は商品の評判をチェックしておくことが大切です。

メーカーごとに出荷時期は違いますので、これから代表的な掃除機メーカー3社の掃除機発売月・買い時時期などを見ていきます。

ダイソンの掃除機の買いどき

まずは海外のメーカーになりますが、今や掃除機と言えばダイソンの掃除機を購入したいという人は多いのではないでしょうか?

ダイソンの掃除機はサイクロン方式によって、吸引力が変わりにくいというものです。他のメーカーもダイソンに追従している形になっています。

そして何より強調したいことが、値段が高いという点になるでしょう。新商品ともなると、手が届きにくい値段になります。

ダイソンこそ買い時を間違えてはならない商品になりますので、買い時をしっかりと把握していきましょう。

新商品の発売は3月~5月が多い

ダイソンの新製品発売時期は、3月~5月が多いです。家電量販店の決算期とは少し被っていますが、ボーナス時期にも被っていません。

海外のメーカーであるため、日本の事情は関係なく世界的な販売網を持っています。しかし、性能が優れているから欲しくなるため、なんとか安く買いたいと考えてしまいます。

新商品の発売が決算期と被ったとしても、メーカーとしては安くは売られたくないでしょう。値段は高いままの可能性が高いです。

一か月前から発売直前が買いどき

買いどきのタイミングとして、新製品発売の1ヶ月前から直前までとなります。

家電量販店としては新商品が入ってくれば、旧型が売れ残ることも考えてしまうので早く売ってしまいたいと考えるのが人情です。

人気のメーカーとは言え、新商品の性能が優れていれば売れ残る可能性は高まります。

だからこそ1か月前から発売直前まで旧型を値下げする可能性があるのです。購入を検討されているなら、この時期を狙っていきましょう。

日立の掃除機の買いどき

日本のメーカーで日立は家電において確固たる地位を築いています。大手家電メーカーはCMを多く出していますが、日立のCMは印象に残るものです。

大きな木をCMに使い、「この~木なんの木気になる木」という歌と共に日立というメーカーのいい宣伝になっています。

新製品発表は販売時期にバラつきがありますので、詳しく見ていきましょう。

日立はモデルによって発売時期にバラつきがある

今までの発売した商品の発売月を見ていきますと、固定してこの時期が多いとはいえません。

いずれの商品も発売月はバラついており、欲しいモデルの発売がボーナス時期にぶつかればラッキーだと考えましょう。

例えばですが、日立のCV-S250E1(エディオンオリジナル)という製品は、軽量・コンパクトでありサイクロン式の掃除機です。

利用する際のお手軽さがあり、人気の製品になっています。

このように人気のモデルに焦点を絞って購入を検討しておけば、発売日が前後してもボーナスが入った時に購入すれば問題ありません。

日立の欲しい掃除機は発売時期をリサーチする

上記と少し内容が被ってしまいますが、欲しい製品に目星を付けて発売時期を探っておけば購入時期も検討できます。

新製品の発売が5月だったとしましょう。家電が大好きな人なら迷わず購入するでしょうが、実際に日常で使うために購入するのであれば7月まで待てばお得です。

多くの家電量販店がボーナス時期に合わせてセールを行います。発売から2ヶ月経過しており、値下げされる可能性は高いでしょう。

家電製品は、性能によって値段も変わってきます。上手く購入しなければ出費が大きくなってしまうので、計画的に購入を考えましょう。

パナソニックの掃除機の買いどき

以前は松下電器という名も使用していましたが、現在はパナソニック一本になっています。

パナソニックは大手の家電メーカーであり、知らない人はいないでしょう。テレビ・洗濯機・冷蔵庫と、優秀な製品を多数送り出してきていますが、掃除機はどうなのか?

パナソニックの掃除機の印象が薄い(筆者の印象)ということもあります。調べてみたところ、スペック的に他メーカーと性能面において差は感じないです。

主流のサイクロン式の掃除機を主軸に、軽量化して使いやすさも追求しています。ではパナソニックの掃除機購入はいつするべきなのか?発売時期から考えていきましょう。

パナソニックの掃除機は9月~11月が多い

パナソニックの製品発売は9月~11月が多いです。しかし、例えば発売時期が9月でも欲しいモデルを高い状態で購入しなければなりません。

ここは計画性を持って行く必要があります。家電製品は安い買い物ではないです。余計な支払いは家計を圧迫します。

掃除機を購入するタイミングは、壊れたときが多いでしょう。壊れるタイミングにもよりますが、できるだけ高い時期に購入することを避けてください。

必要に迫られて購入せざるを得ないこともあります。この場合は仕方がありません。

掃除機購入の際、使っている掃除機を下取りしてくれる場合があります。購入を考えた際下取りをしてもらえるならぜひ活用しましょう。

掃除機の買いどきについてのまとめ

  • 家電量販店の中間決算・総決算時期にセールを実施している。
  • ボーナス時期に合わせてセールを実施している。
  • ダイソンの新商品は3月~5月に発売されることが多い。
  • 日立の新商品は発売にばらつきがある。
  • パナソニックの新商品は9月~11月に発売されることが多い。