掃除をする際、掃除機は必需品です。必需品ですが、状況によって求められる掃除機は違います。

例えば割れたガラスの破片などを掃除したい場合、サイクロン式掃除機だとごみの回収口から出すときけがをするかもしれません。

こうした場合だと、紙パックの掃除機は紙パック内にガラスを吸い込みますので危険がありません。

普段部屋を掃除するのであれば、掃除機が便利だと言えます。サイクロン式掃除機の特徴を詳しく確認していきましょう。

そもそもサイクロン式掃除機とはなにか?

サイクロン式掃除機は、その名の通り掃除機内でサイクロンを発生させることでゴミと空気を回転させながら遠心力で分離させる掃除機です。

以前までの紙パック掃除機とは違い、技術革新により掃除機の性能は格段に上がっています。

サイクロン式掃除機にはどのようなメリット・デメリットがあるのか確認していきましょう。

サイクロン式掃除機のメリット・デメリット

どのようなものにもメリット・デメリットは存在します。メリットだけあるということはありえません。

人が長所と短所を持つように、サイクロン式掃除機にはどのようなメリット・デメリットがあるのか?

特徴とともに確認していきます。

サイクロン式掃除機のメリット

メリットとしてあげられる一番の点は、紙パックをセットする必要がないのでコストカットができるという点です。

紙パックの掃除機だと、ゴミで一杯になった場合交換する手間があります。

サイクロン式掃除機だと、ゴミ捨てもボタン一つで楽にできるので便利です。

また掃除機から排出される空気は、紙パック掃除機だと構造上出てしまいますがサイクロン式掃除機だと空気とゴミが分解されますので空気がきれいな状態で排出されます。

サイクロン式掃除機のデメリット

逆にサイクロン式掃除機のデメリットを確認していくと、メリットの裏返しの部分が大きいです。

ゴミ捨てが簡単にできるという点をメリットで挙げましたが、逆にゴミを捨てる際ほこりが飛んでしまいます。

また吸引力はゴミ捨てをこまめに行わなければ低下してしまい、上手く吸い込んでくれません。

画期的な商品ですが、メリットの裏側にはこのようなデメリットも存在します。

大人気家電!ロボット掃除機の選び方やおすすめ商品を解説!
紙パック式掃除機のおすすめとその特徴を解説
スティック掃除機のおすすめの選び方 おすすめの品を解説
ハンディ掃除機の種類と特徴 選び方のコツとおすすめの品を解説
コードレス掃除機のメーカーごとの比較 選び方とおすすめの品
掃除機の吸引力最強はなに?そもそも吸引力とはなにか
フィルターレスサイクロン掃除機の選び方 メーカーとモデルの解説
コードレス掃除機とはなにか?種類とそれぞれの特徴 メリットを解説
カーペットの掃除機のかけ方のポイントと人気の掃除機を解説
老若男女におすすめ 手軽で便利な「軽い掃除機」を紹介
吸込仕事率とはなにか 吸込み仕事率と掃除機の関係の解説
掃除機購入のタイミングはいつ?大手メーカーの買いどきを解説
掃除機のおすすめは?タイプ別のおすすめ紹介
掃除機の選び方のポイント 掃除機の種類とそれぞれの特徴の解説
ダイソンの吸引力っていいの?サイクロン式の特徴とおススメの商品

サイクロン式掃除機の選び方

サイクロン式掃除機を購入する際、どのような基準で選ぶといいのでしょう?

一人暮らしの場合だと大きな掃除機は必要ありません。家族がいるのであれば、逆に小さければすぐにゴミが溜まり吸引力が落ちてしまいます。

生活環境・家族構成に合ったサイクロン掃除機を購入すると、生活がより快適になります。

キャニスタータイプかスティックタイプかを選ぶ

掃除機のタイプには主に2つのタイプがあります。1つはキャニスターという、一般的にみられるホースとボディーがつながっているタイプです。

もう1つはスティックタイプの掃除機で、ボディーも一体化されているので手軽に掃除できます。

キャニスタータイプのサイクロン式掃除機のメリットは、ゴミを溜められる容量が大きいので吸引力が長く持続するという点です。

スティックタイプのサイクロン掃除機のメリットは、上記にも書きましたが手軽に出して掃除できるという点になります。

どちらも甲乙つけがたいですが、生活様式に合わせて選ぶとよいでしょう。

フィルターありかフィルターレスかを選ぶ。

次にサイクロン式掃除機を選ぶ基準として、フィルターありかなしかということが焦点になります。

フィルターありだと当然ですが排出される空気はきれいです。デメリットとして手入れをこまめにしなければなりません。

フィルターなしだと手入れが簡単であり、吸引力も落ちにくいというメリットの反面ハウスダストが気になる部分です。

アレルギーがある方だと、ハウスダストは命の危険もありますので購入の際はフィルターがあるのかないのか確認してください。

アタッチメントの豊富さを確認する

サイクロン式掃除機に限ったことではありませんが、掃除する際に付け替えられるアタッチメントが豊富だと掃除できる幅が広がります。

例えば隙間を掃除するときにノズルに付け替えると、掃除のしやすさが変わるでしょう。

掃除する場所によって付け替えられるアタッチメントが多いと便利です。

スティックタイプやコードレスのタイプもある

スティックタイプのサイクロン式掃除機には、コードレスタイプがあります。

コードがあるとどうしても掃除していて届かない場所が出てくるもので、都度差し替えなければなりません。

コードレスタイプだと差し替える必要もなく、一度に広範囲を掃除することが可能です。

コードレスタイプだと充電しなければならず、稼働時間が限られますが長時間掃除機を使うことがあるでしょうか?

部屋をある程度掃除するために何時間もかけることもありませんので、この点は問題ないでしょう。

おすすめのキャニスタータイプサイクロン式掃除機

キャニスタータイプの掃除機で、おすすめの商品をいくつかご紹介していきます。

dyson キャニスター掃除機 ball DC46THCOM ¥34646~

サイクロン式掃除機の代名詞ともいえるダイソンですが、日々進化しています。

「吸引力の変わらない、ただ一つの掃除機」というキャッチコピーの通り、ゴミを多く吸い取ってくれます。

軽量化されたこちらのモデルは使い勝手もよく、ユーザー評価も好評な商品となっています。

シャープ サイクロン掃除機 EC-QX310-P ¥15480~

シャープと言えば空気清浄機がイメージとして強い部分がありますが、こちらの商品はプラズマクラスター搭載型のサイクロン掃除機です。

掃除機にプラズマクラスターがついているという、環境面に配慮した商品となっています。

価格もお手頃となっているため、小さな子どもがいるご家庭にはぴったりでしょう。

東芝 サイクロン式掃除機 TORNEO mini VC-C6-R ¥16297~

本体の重さがとても軽く、2.2㎏しかないのでスムーズに動きます。

デザインもかわいらしいものとなっており、見ていて飽きません。

女性におすすめの商品と言えるでしょう、価格もリーズナブルです。

おすすめのスティックタイプサイクロン式掃除機

次にスティックタイプのサイクロン掃除機をいくつかご紹介します。

Panasonic コードレス掃除機 P8 ¥15500~

コードレス掃除機はキャニスタータイプと比べると、吸引力が弱いというイメージがありますがこちらの商品は吸引力が強い商品となっています。

7000Paという吸引力を持っており、一人暮らしなどで部屋を掃除するなら文句ない仕様です。

価格もお手頃となっていますので、購入しやすいでしょう。

dyson コードレスサイクロン掃除機 V6 Slim DC62 SPL ¥28625~

サイクロン式掃除機の代名詞であるダイソンは、スティックタイプの掃除機も出しています。

スティックタイプだからと言って、吸引力が弱くなるということはなく快適に使える仕様です。

価格は少々高くなりますが、ダイソンを持っているというステータスは満足感を得られます。

日立 コードレスパワーブーストサイクロン PV-BD700N ¥26735~

名前の通り、ヘッドのブラシ部分が自走式になっており楽に前へ進みます。

ゴミ回収部は丸洗い可能となっており、快適な使い心地を保つことが可能です。

価格はダイソン並みになっていますが、価値のある商品と言えるでしょう。

サイクロン式掃除機についてのまとめ

  • サイクロン式掃除機は吸引した空気を回転させて、遠心力でゴミを分解する掃除機です。
  • 紙パックを使用しない・ゴミ捨てが簡単・排出される空気もきれいというメリットがあります。
  • ゴミ捨て時にほこりが舞う・こまめに捨てないと吸引力が低下するというデメリットもあります。
  • キャニスタータイプとスティックタイプがある。
  • どちらのタイプも特徴があり、使用環境によって選ぶようにするとよい。