掃除機は、メインの動作以外にも、面倒な作業を諸々としなければなりません。

”重たい掃除機を出し、リードをコンセントに繋げ、掃除機がけ、終わったらリードを巻き取り、溜まっているゴミを本体から除去” これが毎回の一連の流れです。
この手間が、掃除機がけが面倒になってしまう一因でもあります。

「毎日の掃除機がけの負担をいかに軽減できるか」「軽量でしかも吸引・集じん力もある掃除機か」これを追求するため、メーカー各社が日々しのぎを削って掃除機の開発に取り組んでいます。

この記事では、老若男女が手軽に掃除機がけの出来る「軽い掃除機」にスポットをあてて説明いたします。

おすすめの軽い掃除機は?

お年寄りや女性には、軽くて小回りのきくコードレス掃除機がオススメです。

スティックタイプなら更に軽いです。
ただし、コードレス掃除機は充電が必要になります。時間をかけてじっくり掃除するには、バッテリー切れの心配があるためあまり向いていません。

充電方法には、バッテリーだけを取り外して充電するものと、本体ごと充電できるものがあります。

スティックタイプの掃除機
収納場所をとらないコンパクトさで、1本持っていると、気が付いた時にさっと掃除ができるので便利です。セカンド掃除機として使用する人も多いでしょう。
キャニスタータイプの掃除機
コロコロ転がすタイプのキャニスター式はコードがある掃除機が主流です。しかし、最近ではコードレスのキャニスター掃除機も出ています。コードつき掃除機に引けを取らない集じん可能な優秀なものもあるので見逃せません。

ワーも軽さもこだわる人には、値段は高くなりますがキャニスタータイプのコードレス掃除機をオススメです。

大人気家電!ロボット掃除機の選び方やおすすめ商品を解説!
サイクロン式掃除機を使ってお掃除を快適に!メリット・デメリットを解説
紙パック式掃除機のおすすめとその特徴を解説
スティック掃除機のおすすめの選び方 おすすめの品を解説
ハンディ掃除機の種類と特徴 選び方のコツとおすすめの品を解説
コードレス掃除機のメーカーごとの比較 選び方とおすすめの品
掃除機の吸引力最強はなに?そもそも吸引力とはなにか
フィルターレスサイクロン掃除機の選び方 メーカーとモデルの解説
コードレス掃除機とはなにか?種類とそれぞれの特徴 メリットを解説
カーペットの掃除機のかけ方のポイントと人気の掃除機を解説
吸込仕事率とはなにか 吸込み仕事率と掃除機の関係の解説
掃除機購入のタイミングはいつ?大手メーカーの買いどきを解説
掃除機のおすすめは?タイプ別のおすすめ紹介
掃除機の選び方のポイント 掃除機の種類とそれぞれの特徴の解説
ダイソンの吸引力っていいの?サイクロン式の特徴とおススメの商品

サイクロン方式で軽い掃除機のおすすめ

サイクロン方式は、吸引したゴミやホコリをダストカップに集めて、吸い込んだ空気を回転させ、遠心力によりホコリと空気に分離します。
このサイクロン方式の掃除機で、東芝からおすすめの商品を紹介します。

東芝 トルネオ mini  VC-C6

コンパクトボディでも吸引力の持続を可能にした「デュアルネードシステム 」採用。
・壁際やカーペットの掃除もしやすい、モーター駆動の軽量コンパクトパワーヘッド モーター式
・クリーン排気&フィルターは、高い集塵率を誇る「高集塵プリーツフィルター」と「一般フィルター」で、ゴミ捨ても簡単
・グリップが握りやすい「新らくわざグリップ 2WAYブラシ」
・軽くて使いやすい設計

吸込仕事率:(消費電力) 290W~約20W(850W~約120W)
本体寸法:(幅×奥行×高さ) 220×295×255mm
本体質量:(標準質量) 2.2kg
コードの長さ:5.0m
集じん容積:0.25L

詳細:東芝 トルネオ mini  VC-C6

スティック式で軽い掃除機のおすすめ

極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP6

・約1.6kgのボディで軽々
・ブラシの回転力でヘッドが自走するので力を使わずキレイに掃除可能

詳細:極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP6

充電式クリーナ CL142FDRFW

ボタンを押せばフロントカバーがオープンし、ゴミ捨てが手軽
・ワンタッチスイッチで「連続運転」が可能
ハンドストラップ付で、ち方が自由になり、高い所や狭い所、階段などのお掃除が快適
・赤色LEDでバッテリ切れお知らせ表示容量減で点滅)
・パワーは文句なしのプロ用充電工具のハイパワーモータを搭載
プロ用充電工具と同じバッテリを採用
・奥の奥までしっかり届くT型ノズルで、ソファーや棚の下もラクラクお掃除
・斜めカットの吸込口
ゴミのこぼれ落ちを防止するゴミストッパ付

リチウムイオン3.0Ah
吸込み仕事率 強:29W/標準:10W
質量1.4kg
使い捨ての紙パック10枚、繰り返し使えるダストバッグ1枚付

詳細:充電式クリーナ CL142FDRFW

※吸込み仕事率について、解説した記事はこちら
吸込仕事率とはなにか 吸込み仕事率と掃除機の関係の解説

紙パック式で軽い掃除機のおすすめ

紙パック式は パック内がゴミでいっぱいになると吸引力は落ちますが、サイクロン方式と比べてゴミ捨ての際のホコリの舞い上がりが少ないです。紙パッックの購入が必要なので ランニングコストはかかりますが、今でもユーザー率は高いです。

MC-PB6A

軽量でコンパクトなのに、強力パワーの紙パック掃除機です。

・本体のモーターをパワーアップする事で、床の吸引力は落とさずにノズルヘッド上部に設置した「エアダストキャッチャー」つきエアロノズル採用
・「フロントハンドル&スライド伸縮延長管」でらくらくお掃除

吸込仕事率:1470~約60W
付属品:すき間用ノズル, 紙パックAMC-S5(1枚)

詳細:MC-PB6A

かるパック CV-PD700

・高性能小型ファンモーターとヘッドから本体排気口までの空気流路をスムーズにすることにより、強力パワーを実現
・本体に軽量素材[カーボンライト]を採用。小型ファンモーターと重心バランスに配慮したコンパクトな部品レイアウトで軽く小さく
・高集じんフィルターと高気密モーターケースによって、微細なごみも捕集
・”ecoこれっきり”運転”でセンサーが床質・操作力を感知してパワーやブラシ回転力を自動コントロール、消費電力量を抑えます
・「サッとハンドル」で持ち運びもラクラク
・紙パッックの取り替えがしやすい”紙パックするりん構造”
・フローリングの菌までふき取る”かるふきブラシ”
・ジェット吸引スマートヘッドで、床にはりつきにくく動かしやすく、気密性を高めたヘッドにより強い吸引力で軽い操作性を実現

詳細:かるパック CV-PD700

軽い掃除機についてのまとめ

  • 掃除機の集塵は 紙パックとダストカップがある
  • とにかく軽量がいい、部屋数が少ない、軽く掃除をしたい等 短時間の掃除機がけならスティックタイプがオススメ
  • 時間をかけてじっくり掃除をするなら コードありのキャニスタータイプがバッテリー切れの心配がなく パワー面からもオススメ
  • 最近では 価格は高くなるが、キャニスター掃除機で軽量・コードレスの商品も出ている