常に自宅や職場などを綺麗に保つために、掃除機は必要不可欠と言っても過言ではありません。

ホコリや食べかすが落ちていても、掃除機を使えばあっという間に床が綺麗になります。

最近ではサイクロン式の掃除機が発売され、吸引力が持続する製品もたくさんあります。吸引力が変わらないことで有名なメーカーなのは、ダイソンです。

キャッチコピーでもある「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」が話題になり、ダイソンの掃除機を購入する人が増加しています。

製品の品質が良いこともあり、ダイソンの掃除機の人気は衰えることは未だにないです。しかし、ダイソンの吸引力が変わらない理由などを知らない人は意外と少なくありません。

実は、ダイソンは特別に吸引力が強いわけではないと言われています。そこで今回は、ダイソンの吸引力について焦点を当てて解説します。是非、参考にしてください。

そもそもダイソンとはなにか?

ダイソンは、吸引力が変わらないサイクロン式の掃除機を初めて開発・製造したイギリスの電子機器メーカーです。

基本的にダイソンの掃除機は、国内メーカーである東芝やパナソニック、シャープが販売している掃除機の価格よりもお高めとなっています。
それでもダイソンの掃除機の人気は高いです。

理由はなんと言っても一番は吸引力が変わらない、と言う点でしょう。

そして吸引力が変わらないのに加えて、コードレスで長時間の運転を実現するように常に製品に対して様々な工夫をしている点も支持されています。

また、ダイソンは世界に売り込むためにすぐ日本に参入し早々に繋がりを作ったところも日本で人気が高い理由だと言われています。

サイクロン式の特徴

サイクロン式は、吸い込んだホコリをダストカップに集めた後、遠心力を利用してホコリと空気を分離する仕組みです。ホコリはダストカップ、空気はフィルターを通して排気されます。

サイクロン式のメリットは、紙パック式と違い買い足しによるランニングコストもかからないうえに、排気される空気も綺麗なことです。

また、吸引持続率が高く最大消費電力も低いため電気代も安上がりになります。つまり、使うほどに得をするということです。

サイクロン式のデメリットと言える、「頻繁なゴミ捨てが必要」「定期的なフィルター掃除が必須」なことを許容できるのであれば長期間掃除機を使う人は、サイクロン式のほうが適していると言えます。

紙パック式より吸引力が強い訳ではない

サイクロン式掃除機は紙パック式より吸引力が強い訳ではありません。よく「吸引力が変わらない=吸引力が強い」と考える人が多いです。
しかし、それは大きな誤解となります。

紙パック式は掃除機の内部が密封されているため、吸引力自体は強いです。紙パックにゴミがたまると吸引力が落ちやすいから、サイクロン式のほうが強いと誤解されているだけと言えます。

実際ダイソンのサイクロン式掃除機は、吸引力は日本製の半分以下です。吸込仕事率と呼ばれる掃除機の吸引力を表す単位を見ると、ダイソンのサイクロン式掃除機の吸引力が強くないことがすぐ分かります。

日本の吸込仕事率の標準は、500Wを超えるのが一般的です。

それに比べて、ダイソンのサイクロン式掃除機は製品によって多少異なりますが吸込仕事率が200W~210Wとなっている掃除機も少なくありません。

ですから、吸引力の強さだけで選ぶなら紙パック式で日本製の掃除機のほうが良い場合もあります。

ただし、ダイソンのサイクロン式掃除機は吸引持続率が高いこと・弱いパワーを最大限に活かす構造なので、一概に日本製の掃除機のほうが優れているとは言えないでしょう。

例えば床に吸い付く力が強すぎると絨毯や床に吸い付いて掃除しにくい、と考える人(特に女性)もいます。このことから一般的には、吸込仕事率だけで掃除機を選ばないほうが無難です。

吸引力が変わらない=強いわけではない

吸引力が変わらない=強いのではありません。そもそもダイソンはイギリスのメーカーなので、掃除機も欧米向けとなっています。

日本の掃除機はパワーが強いため、ヘッドの真下以外の前後左右からゴミを吸うことが可能です。

しかし、欧米では部屋が全体的に日本より広いから壁際はあまり掃除されない・土足文化なので変わらない吸引力を利用し、ヘッドの真下にある砂や土を吸うことに特化しています。

また、ゴミが目詰まりしないような構造となっており砂や土をたくさん吸っても大丈夫なところも日本製の掃除機と違う点です。

ダイソンの掃除機はお手入れがしやすい、吸引力が日本製の掃除機より持続しやすいのも土足文化なうえに日本より部屋が広いことが関係しています。

ただ、吸引力が弱い分ヘッドの真下にパワーを集中させているため、壁際が掃除しにくいデメリットを除けば基本的に家庭で掃除をする場合ゴミを吸うことに関して不便と感じることは少ないでしょう。

ダイソンの掃除機は使い勝手がよい

ダイソンの掃除機は使い勝手は、一般的に見ると良いほうです。

メンテナンスが楽、ランニングコストがかからないなどダイソンのサイクロン式掃除機は家庭で使いやすいように工夫されています。

強いて言うなら、砂や土などの小さなゴミを吸うことに特化している・吸引力が弱いので大きめのゴミを吸いにくいことがあるところがデメリットです。

しかし、ヘッドを変えたりすればデメリットが解消されることが多いです。

ダイソンの吸引力が変わらない理由

ダイソンが吸引力が変わらないだけではなく、お手入れが比較的楽な理由を解説します。その理由は、フィルターレス構造となっているからです。

もともとのサイクロン式掃除機は、目の細かいフィルターを備えそれを使ってゴミやホコリを取り除く構造となっています。

ですからフィルターがあるサイクロン式掃除機は、こまめなお手入れをする必要がありました。

しかし、フィルターレス構造ならばゴミを遠心分離させ風の通り道を確保し、吸引力の低下を起こらせにくくしています。

価格は高めですが、その分お手入れの手間も少ないうえに吸引力が変わりにくい魅力があります。

また、ダイソン独自のルートサイクロンテクノロジーによって、フィルターを使わずほぼ全てのゴミをサイクロン内部で分離させます。

最新の機種には、新たにラジアルルートサイクロンを搭載し空気の流れを再設計しています。

つまり、他社のサイクロン式掃除機よりも吸引力が落ちにくいのは、ダイソンの独自のフィルターレス構造によりゴミを分離させる技術力が高いからと言うことです。

ダイソンのおすすめ商品

ダイソンのおすすめ掃除機を紹介します。

ダイソン コードレス掃除機 DC35MH

価格は、29742円です。

他のダイソンの製品に比べると価格も安価なので、一人暮らしの人にもおすすめとなります。

また、重量が軽くバッテリーの持続時間は短いですが吸引力は高いため、掃除する範囲が狭い部屋などにも向いています。

ダイソン コードレス掃除機 V8 Fluffy SV10 FF2

価格は、60676円となります。

バッテリー持続時間は最長の40分間、吸引力はよりパワフルになっているハイスペックな掃除機です。

付属ツールも必要最低限の数は揃っているため、予算を抑えつつハイスペックな掃除機が欲しい人におすすめとなっています。

重量も、2.61kgと軽いです。

ダイソンについてのまとめ

  • ダイソンはイギリスの電子機器メーカーです。
  • サイクロン式は吸引持続率は高いが、吸引力が強い訳ではありません。
  • ダイソンは土足文化である欧米向けの掃除機を販売していたので、ヘッドの真下にパワーを集中させています。
  • ダイソンの掃除機は、独自の技術とフィルターレス構造によって吸引力が他社より持続しやすいです。