掃除機は年々多種多様になっており、機能面でも進化しています。掃除機には、紙パック式とサイクロン式があり近年ではサイクロン式が主流です。

サイクロン式は吸引力が持続しやすい、コストがかからないなどのメリットがあるため人気があります。しかし、紙パック式にもたくさんのメリットが存在しています。

そのため、サイクロン式が主流になった今でも紙パック式を支持する声が大きいです。そこで今回は、根強い人気のある紙パック式の掃除機について詳しく解説します。

紙パック式掃除機のメリット

紙パック式掃除機とは、本体にセットしている紙パックに吸いこんだゴミやホコリを集める仕組みです。

最大のメリットは、セットした紙パックを捨てるだけなのでゴミ捨て回数が少ないことでしょう。大体の交換頻度は月に一回程度、紙パックごと捨てるから手を汚すこともほぼないです。

また、サイクロン式より安価な製品が多数となります。

吸引力も、掃除機内が密封されている紙パック式掃除機のほうがサイクロン式掃除機より強いです。難点として挙げられる吸引力の低下も紙パックをこまめに交換することで、最小限に抑えることができます。

大人気家電!ロボット掃除機の選び方やおすすめ商品を解説!
サイクロン式掃除機を使ってお掃除を快適に!メリット・デメリットを解説
スティック掃除機のおすすめの選び方 おすすめの品を解説
ハンディ掃除機の種類と特徴 選び方のコツとおすすめの品を解説
コードレス掃除機のメーカーごとの比較 選び方とおすすめの品
掃除機の吸引力最強はなに?そもそも吸引力とはなにか
フィルターレスサイクロン掃除機の選び方 メーカーとモデルの解説
コードレス掃除機とはなにか?種類とそれぞれの特徴 メリットを解説
カーペットの掃除機のかけ方のポイントと人気の掃除機を解説
老若男女におすすめ 手軽で便利な「軽い掃除機」を紹介
吸込仕事率とはなにか 吸込み仕事率と掃除機の関係の解説
掃除機購入のタイミングはいつ?大手メーカーの買いどきを解説
掃除機のおすすめは?タイプ別のおすすめ紹介
掃除機の選び方のポイント 掃除機の種類とそれぞれの特徴の解説
ダイソンの吸引力っていいの?サイクロン式の特徴とおススメの商品

紙パック式掃除機の選び方

紙パック式掃除機の選び方を紹介します。

紙パック式掃除機は、「キャニスター型ORスティック型」「重さ」「付属品」を要チェックです。

使いやすさ、自分の用途に合わせてベストな紙パック式掃除機を選びましょう。下記に、各ポイントについて解説します。

キャニスター型とスティック型がある

掃除機の形状には、主に「キャニスター型」と「スティック型」があります。それぞれに特徴があるため、購入する前にどちらの形状なのかを見ることが必要です。

キャニスター型はしっかり掃除したい方におすすめ

本体とグリップ部分がホースでつながっているタイプです。キャニスター型のメリットは、グリップ部分が軽く高い場所を吸引しやすい点となります。

また、コンセントを通して電気を供給するので、吸引力が落ちることもありません。

さらに広い部屋、同じ場所を何度も掃除する必要がある場合、キャニスター型なら運転時間に気を配る必要もないです。

スティック型よりパワフルなため、しっかり掃除したい方はキャニスター型が最適です。

スティック型はサッと掃除したいときにおすすめ

スティック型は、延長管~グリップまでに本体が組み込まれている仕組みです。

スティック型の最大の特徴は、軽くてコンパクトなことと言えます。掃除中も場所を取ることもないため、部屋に誰かがいても邪魔になる心配は不要です。

一般的なスティック型は、コードレスタイプが主に普及されています。

キャニスター型より吸引力が低いと考えられていましたが、性能が上がりメインの掃除機として使用できるようになっています。

サッと掃除したいときなどは、取り出しやすいスティック型がベストです。

キャニスター型は広い部屋、スティック型は一部の掃除に使うなど自分の用途に合わせてそれぞれの特徴を活かす製品を選びましょう。

スティック掃除機のおすすめの選び方 おすすめの品を解説

掃除機の重さ

立ち仕事で意外と疲れる掃除だからこそ、扱いやすい重さをしっかり見極めることが重要となります。

ですから、紙パック式掃除機を購入する際も必ず重さはチェックする必要があります。

キャニスター型とスティック型だと、スティック型のほうが軽くて扱いやすいことが多いです。

掃除機の付属品

快適に掃除するうえで付属品の有無は重視するべきと言えます。

人気の高い付属品は、ソファーのすき間や窓際など細かい場所も掃除できる細口ノズルです。それに加えて、布団を掃除できるヘッドや静電モップなどが付属されている製品もあります。

使い勝手の良い付属品があると、掃除のしやすさがアップするので要チェックです。

ハンディ掃除機の種類と特徴 選び方のコツとおすすめの品を解説
コードレス掃除機のメーカーごとの比較 選び方とおすすめの品
掃除機の吸引力最強はなに?そもそも吸引力とはなにか
フィルターレスサイクロン掃除機の選び方 メーカーとモデルの解説
コードレス掃除機とはなにか?種類とそれぞれの特徴 メリットを解説
カーペットの掃除機のかけ方のポイントと人気の掃除機を解説

紙パック式掃除機のおすすめ

紙パック式掃除機を販売しているおすすめのメーカーは、「パナソニック」「日立」「東芝」です。

下記に、紙パック式掃除機のおすすめのメーカーの簡単な特徴や製品を紹介します。

パナソニックのおすすめ掃除機

パナソニックは、国内では有名な大手電機メーカーです。

機能面に特に定評があり、「ハウスダスト発見センサー」や「くるっとパワーノズル」など利便性のある機能が搭載されていることが有名となっています。

・パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-PA100G-W

価格は、33800円となっています。

最大の特徴は、ハウスダスト発見センサーやLEDナビライトなど様々な機能が搭載されていることです。
また、ヘッド部分はパワフル自走ノズルを装備しているためカーペットの掃除も簡単にできます。
多機能な紙パック式掃除機を探している方は、この製品がおすすめです。

・パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-PK19G-N

価格は、17120円です。
キャニスター型なのにコンパクトで、本体の重さは2.7kgと比較的軽量となっています。
しかし、軽量ながら吸込仕事率は600Wとかなりパワフルです。
吸い込み口とは別にあるエアダストキャッチャーなども搭載しているなど、パワフルなのに高性能な製品となります。

日立のおすすめ掃除機

日立のおすすめのポイントは、パワー長持ち流路機能によって吸引力が持続しやすいところです。
また、吸込仕事率も高くカーペットまでしっかり掃除したい方は日立が適しています。

・日立(HITACHI) 紙パック式クリーナー かるパック CV-PE300

価格は、26500円です。
吸込仕事率680W、床質によってブラシの回転数をコントロールできる自走式ヘッドが搭載されているので、しっかり掃除できます。
また、吸引力の低下を防ぐパックチリ落とし機構があるためパワー重視で掃除機を選ぶ方におすすめです。

・日立(HITACHI) 紙パック式クリーナー かるパック CV-PE700

価格は、30427円となります。
本体重量2.3kgとかなり軽く、コンパクトです。
他にも、ジェット吸引スマートヘッドや運転音が51dBなど全体的にスペックが優秀な製品となっています。

東芝のおすすめ掃除機

掃除しにくい絨毯をラクラク掃除できる自走式カーボンヘッドが特徴的です。
また、東芝独自のグリップ設計など使いやすさと省エネを重視している方におすすめのメーカーとなります。

・東芝(TOSHIBA) 紙パック式クリーナー VC-D50K

価格は、6740円です。
価格が安価で、機能面もシンプルな紙パック式掃除機となります。
あると嬉しいエルゴグリップやちょいとスタンドも標準装備しているため、長時間の掃除が簡単です。

・東芝(TOSHIBA) 紙パック式クリーナー VC-PF9

価格は、15818円です。
「カーボンヘッド」と小型モーターを採用、ヘッドの軽量化に成功しています。
そのうえ、吸込仕事率が640Wとパワフルです。
細かい場所の掃除ができるパワフルな製品が欲しい方に適しています。

スティック型コードレス紙パック式掃除機のおすすめ

スティック型コードレス紙パック式掃除機のおすすめを紹介します。

パナソニック(Panasonic) 紙パック式コードレススティッククリーナー MC-PBU510J

価格は、40827円です。
本体幅2cmとかなりスリムなのに、集じん容積0.5Lで本体内部にゴミが最大限たまるように工夫されています。
その他の機能として、「ガバとり」構造と「くるっとパワーノズル」などがあり、隅々まで綺麗にできます。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー 10.8V 本体付属バッテリー1個搭載モデル CL102DW

価格は、13734円です。
10.8Vのリチウムイオンバッテリーを搭載することで、約50分の充電で約21分の連続使用を可能にしています。
また、バッテリーが劣化しにくい・フロントカバーがワンプッシュで開くなど使いやすさにも配慮されている製品です。

紙パック式掃除機のまとめ

  • 紙パック式掃除機のメリットは、「ごみ捨て回数が少ない」「サイクロン式より安価」「吸引力が強い」ことです。
  • 選ぶ際は、「キャニスター型ORスティック型」「重さ」「付属品」を必ずチェックしましょう。
  • キャニスター型ならパワフル、スティック型は手軽さなど種類によってメリットが異なります。
  • 「パナソニック」「日立」「東芝」がおすすめのメーカーです。