部屋のホコリなどを一瞬で吸い取ることができる掃除機は、生活必需品と言っても過言ではありません。

掃除機は、様々なタイプが需要に合わせて発売されておりその中でも人気が高いのがハンディ掃除機です。

ハンディ掃除機を寝室やリビングに置いておけば、ホコリや食べかすが気になったときにすぐに使用して綺麗にすることができます。

一般的な掃除機だと、取り出す際に一苦労することもあります。

しかし、ハンディ掃除機ならちょっとした掃除をしたいときに簡単に取り出せるから便利です。ハンディ掃除機も年々機能が追加され、さらに使いやすくなってきています。

今では乾いたゴミ以外で、液体を吸い取ることができるモデルもあります。そこで今回は、ハンディ掃除機について選び方などを詳しく解説します。

是非、参考にしてください。

そもそもハンディ掃除機とはなにか?

ハンディ掃除機とは、手持ちタイプの掃除機のことをさしています。ハンディ掃除機の最大の特徴は、コンパクトで使い勝手がよいです。

基本的にコードレスタイプが多く、一般的な掃除機より吸引力は低めです。その分、持ち運びがしやすく簡単に掃除をしたいときにすぐに使えます。

また、スペースが少なめになりがちな一人暮らしの方にもハンディ掃除機は最適です。

ハンディ掃除機があれば、省スペースなうえに掃除したいときにサッと綺麗にできます。

ハンディ掃除機の選び方

ハンディ掃除機の選び方について解説します。

ハンディ掃除機を選ぶ際に必ず確認するべきポイントは、「集じん方法」「ダスト容量」「充電方法」「機能」です。

この4つのポイントを最低限確認しなければ、後々に使い勝手が悪いと感じてしまうこともあります。

下記に各ポイントについて具体的に解説します。

ハンディ掃除機の集じん方法を見る

ハンディ掃除機の集じん方法には、「紙パック式」と「サイクロン式」があります。

集じん方法によって、吸引力やお手入れの手間が異なってくるため要チェックです。紙パック式とサイクロン式の特徴をそれぞれ紹介します。

紙パック式はごみが捨てやすい

ハンディ掃除機の本体に専用の紙パックをセット、その後吸い込まれたホコリなどを集める方式となっています。

最大のメリットは、ゴミがたまり次第紙パックごとすぐに捨てられることです。

捨て方が簡単なうえに手が汚れにくいため、衛生的と言えます。一方、使い捨てだからランニングコストがかかると言うデメリットもあります。

また、紙パックのストックを常にしておく必要があるので忘れっぽい方には使いにくい…と感じることも少なくありません。

サイクロン式は紙パックがいらない

紙パック式と違い、ハンディ掃除機の本体ダストカップに直接ホコリを集める方式となります。

最大のメリットは、限られたモーターの大きさの中で効率よくゴミを集められる・吸引力が持続しやすい点です。

また、紙パックを購入するランニングコストもかからないので長期的に使うほどお得と言えるでしょう。

しかし、ゴミを捨てる際にダストカップからホコリが舞ってしまうこととお手入れの手間が紙パック式よりかかることがデメリットです。

このように、集じん方法だけでも吸引力に差が出るので自分にどちらが向いているかをしっかり考えることが大切となります。

ハンディ掃除機のダスト容量に注意する

ハンディ掃除機は、小回りが利く分ダスト容量が小さいことが多いです。

めったに掃除しない・ワンルームで掃除する場所が限定されていると言う場合は、それでも問題はないでしょう。

しかし、ペットを飼っている場合や頻繁に掃除を行うのであればダスト容量は大きいほうが使いやすいです。

特に大容量のダストカップならゴミ捨ての回数が減るので、手間もかからなくなります。

ハンディ掃除機の充電方法を見る

狭い場所でも簡単に掃除できるのがハンディ掃除機のメリットです。そのメリットを活かすために、なるべくコードレスタイプを選ぶ方も少なくないでしょう。

コードレスタイプなら、屋外や車の中も簡単に掃除できます。そのため、コードレスタイプを選ぶ場合はなるべく稼働時間が長いハンディ掃除機のほうが便利です。

おすすめの内蔵電池は、リチウムイオン電池となります。

ただし、コード式タイプのハンディ掃除機のほうが吸引力が優れていることが多々あります。ですから、吸引力に重点を置くならコード式タイプがおすすめです。

充電が途中で切れることもないため、広い部屋を掃除する際に活躍することもあります。

ハンディ掃除機の機能は豊富

ハンディ掃除機は、年々便利になっており機能も追加されています。特に飲みこぼしなどの液体を吸引できるハンディ掃除機は、小さな子供がいる家庭でも大活躍です。

機能によって、掃除がさらに楽になることもあるためしっかり確認しましょう。機能面で優れているハンディ掃除機を選べば、多様な用途で使用できます。

大人気家電!ロボット掃除機の選び方やおすすめ商品を解説!
サイクロン式掃除機を使ってお掃除を快適に!メリット・デメリットを解説
紙パック式掃除機のおすすめとその特徴を解説
スティック掃除機のおすすめの選び方 おすすめの品を解説
コードレス掃除機のメーカーごとの比較 選び方とおすすめの品
掃除機の吸引力最強はなに?そもそも吸引力とはなにか
フィルターレスサイクロン掃除機の選び方 メーカーとモデルの解説
コードレス掃除機とはなにか?種類とそれぞれの特徴 メリットを解説
カーペットの掃除機のかけ方のポイントと人気の掃除機を解説
老若男女におすすめ 手軽で便利な「軽い掃除機」を紹介
吸込仕事率とはなにか 吸込み仕事率と掃除機の関係の解説
掃除機購入のタイミングはいつ?大手メーカーの買いどきを解説
掃除機のおすすめは?タイプ別のおすすめ紹介
掃除機の選び方のポイント 掃除機の種類とそれぞれの特徴の解説
ダイソンの吸引力っていいの?サイクロン式の特徴とおススメの商品

コードレスタイプのハンディ掃除機

コードレスタイプのハンディ掃除機であれば、屋外でも簡単に掃除できます。

また、ハンディ掃除機は基本的にコンパクトなので車内のような狭い空間にも常備することが可能です。そこでこの章では、コードレスタイプのハンディ掃除機のおすすめを紹介します。

選ぶ際に、是非参考にしてください。

ダイソン(Dyson) ハンディクリーナー V7 Mattress HH11 COM

価格は、34365円です。

「モーターヘッド」や「隙間ノズル」が付属品としてあるので、色んな用途で使えることが特徴となります。

また、約3.5時間の充電をすることで最長約30分間の使用、「強モード」だと6分間の連続使用が可能です。

他にもワンタッチでゴミを捨てられる・運転音が小さいなど、あると便利な機能が搭載されています。

山善(YAMAZEN) 電池式ハンディクリーナー ZHD-340

価格は、1315円となります。

低価格なうえに、本体サイズ約8.5×20.0×11.0cm、重量約290gとかなりコンパクトなことも特徴です。また、すき間ノズルも付属されているため汚れをこまめに掃除できます。

単3形乾電池4本で約35分の連続使用ができるので、サブの掃除機としても重宝するでしょう。

コード式タイプのハンディ掃除機

ハンディ掃除機でも、コード式タイプならパワフルな吸引力となっているのが多数です。

こまめに掃除をしたい、充電を気にせず部屋中掃除したい方はコード式タイプのハンディ掃除機が適しています。

この章では、コード式タイプのハンディ掃除機のおすすめを紹介します。

ツインバード工業(TWINBIRD) コード式ハンディクリーナー HC-EB41W

価格は、3416円です。

吸引仕事率が60Wと、低価格なのにパワフルな吸引力が最大の特徴と言えます。

他にも、布団ノズルや床用ブラシなどあると便利な付属品が付いています。

ダスト容量は小さめなので、サブ用に使うのがおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ふとん掃除機 MC-DF110C-P

価格は、8990円となっています。

ふとん用ノズルの内部に遠赤外線センサーが搭載されており、ダニなどを残さず検知する優れものです。

また、ふとん以外にも小型ノズルなどの付属品を使えばデスク周りの掃除も簡単にできます。

それに加えてロングホースもあるため、吸引範囲が広いことも特徴です。

ハンディ掃除機についてのまとめ

  • ハンディ掃除機の最大の特徴は、コンパクトさと使い勝手の良さです。
  • ハンディ掃除機の選び方のポイントは、「集じん方法」「ダスト容量」「充電方法」「機能」となります。
  • 集じん方法には「紙パック式」と「サイクロン式」があり、それぞれに特徴があります。
  • コードレスタイプを選ぶなら、内蔵電池はリチウムイオン電池がおすすめです。